BLOG

ホリエモン×ひろゆき、キャッシュレス社会を語る

カテゴリー:
テクノロジー, 生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「キャッシュレス社会」について。

現金が使えない飲食店オープン!キャッシュレス社会は根づくか

ひろ 完全キャッシュレスのレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」が東京・中央区にオープンして話題になってますね。

ホリ つまり「現金お断り」ってことだよね。〝現金嫌い〟の俺としては嬉しいニュース。こういうお店がどんどん増えてほしいと思うわ。

ひろ 僕も試みとしてはおもしろいと思います。でも、出鼻をくじくようで申し訳ないんですけど、お店って「お前には売らない!」とは言えても、日本円の受取を拒否することは基本的にはできないんですよ。これをやると微妙に法に触れる可能性があるんです。

ホリ へ~。

ひろ ってトリビアっぽくなりましたけど(笑)。ですから「現金のほうが高くなる」とかにしたほうが現実的だと思うんですよ。

ホリ たしかに現金払いだと10%増しってのはいいかもね。ちなみにJRなどでは、Suicaのほうが現金よりも安くなっているよね。ま、端数レベルだけど。

ひろ アメリカも中国もヨーロッパの多くの国も、現金をほとんど使わないのが当たり前になりつつあるんですけど、日本人はめっちゃ現金好きですよね。

ホリ なんでだろうね? 小銭をジャラジャラ数えるのって、誰にとっても損でしかないのに。

ひろ それにカード払いのほうがポイントも貯まるんで、現金より得ですよね。これって誰でも知ってることなのに、やたらと現金にこだわる人がいる。

ホリ お店側にもメリットがあるよね。たとえば小銭の管理コスト。おつり用の小銭を用意するのには両替にも行かないといけないし、大量に両替するには手数料もかかる。しかも、ストックしておくとか面倒くさい。それに、現金払いを減らせば、脱税を減らすこともできるのに。

ひろ 脱税予防の効果ありますよね。例えば、中華料理店が野菜炒め定食を500円で売っていたとして、野菜やごはんの在庫からは「何食売れたか?」ってのを推測するのは難しい。なので過少申告しても税務署にはバレない可能性が高いんです。中小の飲食店なんかは、給料も安いし労働も大変なので、こういう形で得をしたがる人は一定の割合でいるかもしれないっすね。現金は非効率ですけど、現金で受け取って脱税したほうが、ある意味「効率がいい」のかもしれません。

ホリ それ以外に現金を使うメリットってなんだろ?

ひろ 履歴が残らないってことですかね? 愛人やキャバ嬢へのプレゼントをクレジットカードや電子マネーで購入すれば履歴が残っちゃいますし、風俗に何回行ったとか、エロ本やエロDVDの購入履歴も残っちゃいますよね。女装癖の人だとそういうのもわかっちゃいます。んで、それが流出したりするとなかなか笑えそうな。

ホリ あー。

ひろ 性的なこと以外にも、UberとかSuicaとかを使うと、どこからどこに移動したかっていう記録も残るので、どこに行って何を食べたかもわかっちゃいます。人間性の結構な部分を赤の他人に捕捉されるようになる気はします。

ホリ ま、俺は何がバレても平気だけどね。

・・・この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

▼関連記事
ホリエモン、“現金主義”の日本に苦言「100%キャッシュレスな社会が理想」
http://weblog.horiemon.com/100blog/42796/