BLOG

ホリエモン×ひろゆき、自動翻訳技術の進化を解説「まさに、ドラえもんの『ほんやくコンニャク』に匹敵する」

カテゴリー:
その他

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「自動翻訳技術の進化」について。

グーグルのイヤホンが自動翻訳。音声認識は急速に進化している!

ホリ グーグルのワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」が話題になっているみたいだね。これはスマホの「Google Pixel」か「Pixel 2シリーズ」と一緒に使うことで、会話している相手の言葉を自動的に翻訳してくれる。まさに、ドラえもんの『ほんやくコンニャク』に匹敵する技術だよね。

ひろ グーグル翻訳の精度ってものすごい勢いで上がっていますよね。日本語以外での話ですけど。

ホリ その背景には、CPUやGPUより処理能力が15~30倍速くて、30~80倍エネルギー効率がいいと言われている「TPUチップ」の開発に成功したことがあるよね。

ひろ ほんと、進化のスピードが早すぎる昨今です。

ホリ まあ、音声認識と翻訳はディープラーニングの得意分野でもあるから、この進化は当然っちゃ当然かも。

ひろ でも、日本語が仕事で使えるレベルに到達するにはまだまだ時間がかかりそうな気がします。日本語って英語圏の人が学ぶには難易度がトップレベルなんですよね。例えば、「裏庭には二羽、庭には二羽鶏がいる」とか、文法的には成立しますけど、難しすぎますよ(笑)。

ホリ たしかに(笑)。

ひろ ちなみに、英語にも似たような同音異義語が満載になった言葉として「Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo.」(バッファロー市出身のバッファローにおびえるバッファロー市出身のバッファローは、バッファロー市出身のバッファローをおびえさせている)があるんですけど、これ絶対に言わないですからね。

ホリ まあ、グーグルの自動翻訳の精度もこれから上がっていくし、日本でもどんどん普及していくと思うよ。

ひろ 通信回線も4Gよりもっと早くて、光回線並みの5Gが出始めてますよね。そんで、今後はワイヤレス充電も普及しそうですし、充電を気にせずにデバイスを付けっ放しで生活するのが当たり前になりそうな気がします。

ホリ 音声認識のデバイスでいえば、最近はスマートスピーカーも注目されているよね。グーグルの「グーグルホーム」とアマゾンの「アマゾンエコー」あたりがメインプレイヤーだけど、LINEも「Clova WAVE」を販売しているね。

ひろ ディープラーニングってデータの蓄積量が物を言いますよね。なので、ユーザー数や規模の数次第なところがあるので、残念ながらLINEではグーグルに敵わないと思います。

ホリ そうだね。直接対決してもかなり厳しいと思う。

ひろ てか、そもそもスマートスピーカーに入力されるデータ量って、そんなに多くない気がしません? 検索したい「単語」だったり、買いたいと思う「商品名」がほとんどな気がするんですよ。そういえば堀江さんってスマートスピーカー使ってませんでしたっけ?

ホリ Clova WAVEを使ってるよ。

・・・この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください

▼関連記事
ホリエモン「Googleの自動翻訳は圧倒的に進化したよね」その理由を詳しく解説!
http://weblog.horiemon.com/100blog/43257/

ホリエモン、自動翻訳の進化を解説「やっぱり技術が世の中を変える」
http://weblog.horiemon.com/100blog/42758/

友だち追加数