BLOG

ホリエモン、“保育士ツイート”の真意「大変だから給料が高くあるべきってのは間違い」

カテゴリー:
生活関連, 頭の体操

ホリエモンが、『「なんで保育士の給料は低いと思う?」低賃金で負の循環』(朝日新聞デジタル)という記事に対して、「誰でも出来る仕事だからです」とコメント。ネット上で物議を醸している。

発言に対して、「そんなに言うなら一か月保育士をやってみて」「国家資格が必要だから誰にでも出来るわけじゃない」といった批判が殺到。総じて、保育士という仕事を馬鹿にしていると、ネガティブに捉える人が少なくなかった。

しかしホリエモンの発言を紐解くと、そこには事実に即した論拠があり、単に保育士という仕事を蔑視しているわけではないことが分かる。

それでは、保育士の仕事を「誰でも出来る仕事」と一刀両断するホリエモンの真意は、どこにあるのだろうか?

誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事

確かに、「誰でも出来る仕事」の一言だけだと言葉足らずな部分はあるだろう。
まず大前提として、「誰でも出来る」=「楽な仕事」ということではない。

丁寧に行間を埋めると、「誰でも出来る仕事」とは
誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事
という意味だ。

そして誰でも出来るからこそ、仕事としての希少性は低く、給料も上がりにくい構造になっている。

仕事が ①大変で ②誰でも出来るが ③低賃金 のため ④人手不足 (→①大変 に繋がる)
この4つの状況は同時に存在しうる。コンビニバイトなどはその典型としてイメージしやすいが、保育士をはじめ今後そういった職業はどんどん増えていくだろう。

そしてここからが大きなポイントの1つだが、保育士の仕事を「大変だからもっと給料をあげるべき(そうすれば人手不足は緩和する)」という主張は、いわゆる感情論であり、間違っているというのがホリエモンの指摘だ。

保育士の給料を上げるのが難しい理由

なぜ、「大変だから給料をあげるべき」という主張が間違っているのか。それは、これ以上保育士にお金を出そうと思う人が少ないからである。シンプルに「誰もお金を払いたくない」から「そこで働く保育士にお金がまわらない」という市場原理が働いている。

補助金を増やして、保育士の給料に還元するという方法もある。しかしこれは「政治的には非常にハードルの高い話」であり、最適解にはなり得ない。

「給料を上げること」を入口から考えると、現実的な解決には辿り着かない。

大切なのは「業務の効率化」と「柔軟な発想」

ホリエモンが提示する1つの答えは、「業務の効率化」だ。

以前、YouTubeホリエモンチャンネルの企画で「まちの保育園・こども園」を訪れ、保育の現場を詳しく見聞きする機会があったホリエモン。そこで、保育士の仕事の実態に「思考停止して、時間を無駄に使いすぎている」部分を感じたそう。

業務の効率化に加えて大事な要素が、創意工夫・発想の転換。既存の枠組みにとらわれない柔軟な思考が必要だ。ホリエモンは「社会全体で子育てをする」という具体的な提案も添えている。

保育士個々人の立場からでも、「CtoCのサービスに登録する」など、現実的に工夫できる部分はある。

保育士に限らず、誰でもできる仕事で大変な仕事はたくさんあるだろう。
そしてそういった仕事は、保育士に代表されるように、今後給料は高くならないことが予想される。

この切実な状況に、感情論ではなく、現実的な対処法や考え方をホリエモンは提案している。

▼関連記事
ホリエモン「保育士の給料は高くならない」シェアリングエコノミー化を予測
http://weblog.horiemon.com/100blog/34178/

▼関連動画

Text/Edit=柴崎研

友だち追加数