BLOG

ホリエモン、大阪万博の構想を語る「80歳や100歳になっても楽しく生きられるというイメージを持たせたい」

カテゴリー:
メディア出演, 堀江貴文

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「大阪万博」について。

大阪万博のテーマは「健康」や「長寿」。ホリエモンが考える高齢化対策とは!?

(イラスト:西アズナブル)

ひろ いつもはLINE上でやっているこの対談ですけど、今回は公開対談ということで大阪に来ています。

ホリ 俺がやっているオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」が主催する「ホリエモン祭in大阪」のトークイベントの一環です。

ひろ 会場が大阪ですし、堀江さんが万博招致の特別顧問をやっているってことで、今回は大阪万博の話とかする感じですかね?

ホリ そだね。2025年の万博招致に向けて、今、大阪はがんばっているところだよね。

ひろ この会場で言うのも何ですけど、何で大阪の人はそんなに万博が好きなんですかね?

ホリ なんでだろう(笑)。会場からは1970年の「成功体験があるから」という声があるみたい。

ひろ 岡本太郎さんが「太陽の塔」を作ったときですよね。でも、それって結構、昔じゃないですか?

ホリ でも、大阪の人って今でも結構、太陽の塔のフィギュアやキーホルダーを持っているらしいよ。俺の友達も持っているし。

ひろ え、あれって修学旅行生が買うものじゃないんだ(笑)。万博といえば、目玉となるのはパビリオンですけど、具体的にどんなものをつくりたいんですか?

ホリ 今進めているのは、「健康」や「長寿」をテーマにしたもの。寿命を伸ばすテクノロジーとか。

ひろ うーん……なんかインパクトが弱くないですか? 前の大阪万博って「月の石」とかあったじゃないですか。「月の石ってどんなのだろう?」って期待して来た人が多いと思うんですが、「長生きの研究」といわれても、そこまで期待できないような。

ホリ ほら、今って年をとると大変っていうイメージがあるじゃん。でも、80歳や100歳になっても楽しく生きられるというイメージを持たせたいんだよね。

ひろ 大阪万博(2025年の構想)の頃って、堀江さんは何歳なんですか?

ホリ 俺は53歳になる。でも、今の50代ってめっちゃ元気だよね。このイベントの前に「大阪城トライアスロン大会」が開催されていて出場したんだけど、トライアスロンのボリュームゾーンって45歳から50歳くらいなんだよ。

ひろ 僕的には、50歳手前でトライアスロンを始めようとする気持ちがわからないです。もうちょっと楽な運動でいいんじゃないですか?(笑)。万博に話を戻すと、具体的に何をしたいのか、もっと知りたいですね。

ホリ 具体的なイメージが湧きにくいと思うけど「みんなが友達になる」というのをやりたい。年をとると同世代の人たちとつるみたがるじゃん。しかも家族と職場と固定化されてしまう。これが高齢化社会の問題点だと思っている。

ひろ 定年退職後に奥さんが旦那さんを煙たがるみたいな話はよく聞きますよね。

ホリ そうそう。年をとると、そういうネガティブなイメージが多いんだけど、年を取っても20代から30代の友達がいたら楽しくない?

ひろ たしかに若い人と接点を持っている人のほうが、生き生きしている感じはしますよね。

・・・この続きは現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

友だち追加数