BLOG

ホリエモン×ひろゆき、スーパー買収のAmazonの狙いを分析

カテゴリー:
テクノロジー, ビジネス

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「Amazon」について。

アマゾンが大型スーパーを買収。狙いは人の生活バターンの変化?

(イラスト:西アズナブル)

ひろ アメリカのアマゾンがガンガン攻めてますね。これまでもドローン配達の実験とかやってましたけど、今回は「ホールフーズ・マーケット」の買収ですから。

ホリ ホールフーズというと、日本でいう「成城石井」のような存在だよね。高品質な食材を取り扱うスーパーだから。

ひろ ホールフーズの生鮮食品をアマゾンの流通システムを使って、アメリカ全域に配送するつもりなんでしょうね。

ホリ そうだろうね。

ひろ ただ、アマゾンがやっているのは、ある程度在庫を抱えておいて、注文があったら発送する〝倉庫商売〟。となると、時間が経っても腐らない本や雑貨ならともかく、賞味期限や鮮度が重要な生鮮食品を扱うのはどうかと思っちゃうんですよ。あと、生鮮食品って人によっては現物を見ないと怖くて買えない部類じゃないですか?

ホリ え、そう?

ひろ 例えば、不動産とか中古自動車とかアンティーク品って、自分の目で見てから買いたいじゃないですか。生鮮食品も同じジャンルだと思うんですよ。通販に向く商品と向かない商品ってあると思うんですが、生鮮食品は後者なのかなと。

ホリ そうかな? 消費者にとって、通販とリアルの境目はなくなっていると思うんだけど。

ひろ 「通販で生牡蠣を買うのは怖いな」とかあると思うんです。あと、アメリカにはいわゆる「クール宅配便」ってないですし。

ホリ ドローンでの自社配達を考えているようなアマゾンのことだから、クール宅配便も手がけるようになるんじゃない?

ひろ でもアメリカの面積って日本の25倍くらいと、バカでかいですからね。そんな広い国土をカバーするのってハードルが高いと思うんですよ。そんで、日本のアマゾンだと、有料のプライム会員じゃなくても、注文から2日くらいで届いたりしますよね。

ホリ そうだね。プライム会員だと当日とか翌日に来るし、一般会員でも十分早い。

ひろ でも、アメリカだと一般会員は「早くて4、5日」で届くのが普通なんです。そんなスケジュール感なので、配送に適した商品に特化したほうがいいんじゃないかなと個人的には思います。

ホリ まあ、人口が集中している場所から優先的にやってくんじゃない?

ひろ そうすっと、注文できる地域とできない地域という区分けが生まれちゃいますよね。アマゾンって「誰でもどこでも同じ商品が買える」という感じでサービスをつくってるんですけど、それを変えてしまうんです……。

ホリ まあ、最初はそうかもしれないけど、携帯の電波みたいに徐々にカバーエリアを広げるでしょ。ちなみに、配送は既存の宅配会社と提携するより、Uberみたいなシェアリングエコノミーをやってくると思う。あとは、自動運転を使ったり。もちろんドローンも活用するだろうし。

ひろ 自動運転とかドローンが実用化されるのって、あと3年くらいかからないすか?

ホリ そうかもね。まだ実験レベルではあるし。

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

▼関連記事
ホリエモン、Amazonは「本当に抜かりない」
http://weblog.horiemon.com/100blog/42013/

友だち追加数