BLOG

ホリエモン×ひろゆき、AbemaTVは「ビジネスとしては合理性に欠ける」

カテゴリー:
スポーツ・娯楽, ビジネス

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「AbemaTV」について。

視聴者が多すぎてサーバーダウン。盛り上がる「AbemaTV」だが

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 「AbemaTV」が5月7日に放送した『亀田興毅に勝ったら1000万円』っていう番組見た?

ひろ リアルタイムで見てました。でも視聴者が殺到して途中でサーバが落ちちゃったので、その後は同時配信していたYouTubeに移って見てました。

ホリ 俺も見てたけど、この機会に「AbemaTV」のアプリをダウンロードした人は多いんじゃない?

ひろ そうですね。でも、ビジネスとしては合理性に欠けると思うんですよ。

ホリ あ、ひろゆきもそう思うんだ。ちなみに何で?

ひろ Abemaのサーバーが落ちた後のYouTubeの同時接続数が70万ちょっとだったらしいんです。この数字ってネット動画の世界ではものスゴい数ですけど、テレビの視聴率で考えると1%もいかないんですよ。

ホリ 日本の人口約1億2000万人からすると、70万人の視聴って1%以下だからね。

ひろ これって深夜番組で「視聴率測定不能」といわれるレベルの数字です。その数字の顧客を自前のインフラで維持することができなかったんですよ。んで、その対策としてサーバの設備投資をしようとしても、結構なお金がかかるんです。サーバって「規模を2倍にすると値段も2倍」という単純なものではなく、「規模が2倍だと値段は10倍」とかになったりしますから。

ホリ でも、AbemaTVの運営にも携わってるサイバーエージェントの藤田晋社長は「クラウドを使っているので月間サーバコストは数千万円で、全体コストに対する比率は3%程度。ユーザーが増えても影響は軽微」って言っているよ。

ひろ たしかにクラウドならいくらでもサーバーを増やせますけど、自前のデータベースを増やすのはすげーお金がかかるってのを藤田さんは理解できていない気がするんですよ。今回の障害もデータベースが原因だって言ってましたし。

ホリ データベースがないと、ビジネスモデルに制限がかかってしまうんだよね。

ひろ ええ。「誰がどれくらい見たのか」みたいなデータを諦めなきゃいけないですからね。

ホリ ちなみに、藤田社長によれば同時接続100万くらいでサーバが落ちたらしい。

ひろ ってなると同時接続100万以下のコンテンツで戦うか、設備投資をするかって話になりますよね。んで、例え設備投資をしたとしても、視聴率1%を維持できるかどうかってくらいなら「先行きないんじゃねー?」って思っちゃうんですよ。

ホリ だけど、データベースもクラウドにしているらしいから費用も抑えられるみたい。

ひろ え、データベースまでクラウドっすか……。

ホリ とはいえ視聴率換算すると厳しいのは事実なので、当面は大赤字が続くはず。

ひろ 広告収入で運営してるわけですからね。

・・・この続きは、5/22(月)発売の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

▼関連記事
サイバーエージェントの新サービスは「リア充向けニコ生」!? ホリエモンと藤田氏が語る次世代SNS/堀江貴文のQ&A vol.572〜新しいSNS!?〜
http://weblog.horiemon.com/100blog/34319/

友だち追加数