BLOG

ホリエモン×ひろゆき、てるみくらぶ倒産から分析する“旅行代理店のヘンな構造”

カテゴリー:
メディア出演, 旅行

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「てるみくらぶ」について。

「てるみくらぶ」倒産!格安ツアーは無理ゲーだった!?

ホリ 格安ツアーを販売していた旅行会社「てるみくらぶ」が、東京地裁に破産申請をしたね。

ひろ ええ。「少なくとも3年前から粉飾決算を繰り返していたんじゃないか」とみられていて、そうなると完全に犯罪行為ですよね。実は僕、「総合旅行業務取扱管理者」っていう資格を持ってるんですよ。

ホリ え、何のために?

ひろ 「旅行代理店を作れば海外旅行のチケットが安く手に入る」という噂を真に受けて(笑)。んで、無事に合格したものの、海外旅行を扱う代理店をつくるには7000万円の営業保証金を納付しないといけないらしくて……。

ホリ なんだそりゃ(笑)。

ひろ んで、資格を取ってわかったんですけど、パック旅行を格安で販売するのって、かなりの無理ゲーなんですよ。「てるみくらぶ」は経営が下手だったということもあるんですが、それとは別に日本の旅行代理店業界が抱えるヘンな構造をなんとかしたほうがいいと思います。

ホリ ヘンな構造ってどういうこと?

ひろ 日本のパック旅行って、当日のキャンセル料はほとんどの会社が50%なんです(旅行開始後またはキャンセルの連絡がなかった場合は100%)。でも、実際には旅行代理店が現地のホテルや航空券を予約したり前払いしたりしているので、当日キャンセルになると損失を旅行代理店が丸かぶりしないといけない場合が多い。

ホリ なら「当日のキャンセル料を100%取ればいい」って思う人が多そうだけど?

ひろ それが難しいんですよね。まず、旅行代理店と顧客の間には「約款」という契約条項が存在しています。約款というのは定型化された契約項目のことで、これは、いちいち細かな契約まで交渉したり確認するとすごい時間がかかるので、効率化を図るための仕組みなんですよね。

ホリ 保険とかのパンフレットに書いてある小さい注釈とかも約款だよね。

ひろ はい。で、ほとんどの旅行代理店は自分たちで作った約款ではなく「標準旅行業約款というものでお客さんと契約しています。そして、その約款にはキャンセル料の料率が決められていて、もし「キャンセル料を変えたい」と思ったら、新しい約款を作って観光庁長官に認可してもらわないといけないんです。

ホリ なら、自分たちで約款を作って認めてもらえばいいじゃん。

ひろ いや、約款を作るだけではまだ足りないんです。ほとんどの旅行代理店は旅行業協会に所属しているんですが、もし倒産みたいなことがあると旅行業協会がお客さんに弁済してくれるという制度があります。

ホリ じゃあ、てるみくらぶも弁済されるのかな?

ひろ ええ。弁済業務保証金制度で1億2000万円までは弁済されることになっています。んで、この制度も旅行業協会に所属して、標準旅行業約款でお客さんと契約していないと適用されないんです。

ホリ そうか、そういう構造なんだ。業界団体に保護してもらうためには、標準約款に従うしかないってことか。

・・・この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください

▼関連記事
ホテルも無料になる時代がくる!?ホリエモンとCA藤田晋がシェアサービスの未来を大予測!/堀江貴文のQ&A vol.578〜◯◯も無料に!?〜
http://weblog.horiemon.com/100blog/36401/

友だち追加数