BLOG

頑張る人の支えとなりたい。「ホリエモン祭」スポンサーに名乗りを上げた「社畜る」が目指すものとは。

カテゴリー:
HIUコラム, その他, 堀江貴文イノベーション大学校

株式会社セブンコードが提供する「社畜る」は、「私たちが御社の社畜になります!」をキャッチコピーに様々な業務の代行を引き受けるサービス。煩わしい経理業務や専門知識が必要となるWeb運営、その他業務で困ったことをすべて代行し、お客様が本業により注力できる環境を提供している。

特に起業した人に向けて行う独立支援サービスは、経理、電話の代行サービスに加えてホームページ制作をワンストップで提供している。

この社畜るが先日行われた「ホリエモン祭」でメインスポンサーとして参戦。スポンサーになるに至った経緯やその反響についてHIUメンバーでホリエモン祭実行委員の小竹に語った。

芽吹く若い力の支えとなりたい

小竹淳(以下、小竹) ホリエモン祭のことは開催の随分前からご存知だったと伺いました。

濱野秀昭(以下、濱野) 僕元々めちゃくちゃ堀江さんのファンなんですよ。メルマガも購読していますし、常にベンチマークしています。だからこのイベントも前々から目をつけていました。すごく楽しそうなイベントを開催するなあって。

小竹 そこからどうしてホリエモン祭のスポンサーになろうと思ったんですか?

濱野 自分が起業した時に「こんなことを知りたかったな」「こういうことに困ったな」っていうポイントがいくつかありました。例えば銀行の口座開設ができないとか、このタイミングで一緒に起業したメンバーが独立して採用で困るとか…。お願いする税理士さんなどの士業の方もどうやって選べばいいか難しいですよね。だから、スポンサーに名乗りを上げることでHIUの方や若い起業家の方に「世の中にはこんな便利なサービスが有るし本業に集中していいんだ!」っていうことを知ってほしかったんです。

小竹 「御社の社畜になります」ってすごいインパクトですが、そんな意図があったんですね。

濱野 ついでにイベントに携わる人全てに「こんな会社があるんだ!」「堅くなくても会社は成り立つんだ」と知っていただけたら本望です。笑

好きなことだけを担当できる、という選択ができる時代に突入した

濱野 例えば今回のホリエモン祭。HIUの方が企画から当日の運営まで行ったそうですね。たくさんあった仕事の中で好きな作業や不得意な作業、誰もやりたくないこともあったと思います。

小竹 そうですね。人それぞれ得手不得手がありますからそこを考慮して…となると担当を割り振るのも大変ですね。

濱野 そういう時に弊社を思い出していただけたらなと思います。弊社はWebプロモーション会社として起業しましたが、コールセンターの会社を譲渡してもらったのでWebについても電話についてもプロが揃ってるんです。

小竹 そんな経緯があったんですね。

濱野 はい。通常のWeb会社だとクリック率をあげることにばかり注力してしまうのですが、社畜るではそれだけではなくコールセンターと連携して「何件問合わせがあったか」「問い合わせから成約に繋がったのは何件か」を集計することができます。ここを徹底的に分析してWeb広告の効率を上げることがビジネスで一番大事で成功の近道だと思いますが、手が回らなくて苦戦している企業が多いです。それを解決するためにうまく回る仕組みを自分で作ることも大事だと思います。しかし人の時間は有限なので、そもそも「自分ではその作業を担当しない」というのも現在では選択肢の一つだと思います。

小竹 なるほど。

濱野 社畜るへのアウトソーシングも1〜2ヶ月だけお願いしたいって方も最近は増えていますね。「面倒なことはアウトソーシングする」という時代は確実に来ていると思います。

やりたいことをどんどん実現することが起業の醍醐味

小竹 実際にホリエモン祭のスポンサーになられて周囲の反響はいかがですか。

濱野 ありがたいことにすごい反響を頂いています。やっぱり堀江さんはすごいですね。

小竹 それは我々も嬉しいです。笑

濱野 そういえば堀江さんに「スポンサーの欄にはマイクロソフトより社畜るって書いていたほうがいい!」っておっしゃって頂いたんですよ。あれは本当に嬉しかったですね。弱小企業がマイクロソフトに勝つ機会ってあまりないじゃないですか。しかも堀江さん公認。たくさんの人に自慢しました。笑
僕の夢は起業したことで確実にどんどん叶っていますし、自分もみんなも楽しいことをどんどんできているという実感があります。

小竹 堀江さんもセブンコードさんみたいな本音をさらけ出す企業がスポンサーだと「よりホリエモン祭らしい」と思ってくれたんじゃないでしょうか。

濱野 嬉しいですね。僕らに出来ることは「リアルを伝える」ことだけですから、これからもその姿勢を崩さずに進んでいきたいです!

ベンチャーに興味がある、企業したいが諸々の準備が足りない、シーズンによって限定で人手が欲しい、内部に抱えるコストを最小限に抑えたい、とにかく人手が足りない。もしそのような企業にまつわる悩みを抱えている方は「社畜る」にぜひ問い合わせてみては?