BLOG

【メルマガダイジェスト】ホリエモンオススメのAndroidスマホ・日本酒のビジネスチャンスを解説

カテゴリー:
メルマガダイジェスト

これだけ読んでも楽しめるけど、有料メルマガは10倍以上楽しめる…そんなホリエモンメルマガ3/20配信『堀江貴文のブログでは言えない話 vol.374』無料ダイジェスト版。

メルマガの申し込みはこちらから▼
http://horiemon.com/magazine/

久しぶりに東京に一週間滞在していたというホリエモン。「1年の半分以上は東京以外で過ごす」と宣言していた通りの暮らしを送っていますね!移動そのものが疲れると思うのですが、さすがのパワフルさです。相変わらず元気なホリエモンのメルマガダイジェスト、今週もいってみましょう!

【時事ネタオピニオン】

毎週ニュースの中から、ホリエモンが気になるネタを10個セレクトしコメントする「時事ネタオピニオン」のコーナー。今回もその中から一つをピックアップ。

◆文春記事「ベッキー禁断愛」に雑誌ジャーナリズム賞大賞
http://bit.ly/2n2TMlF

ホリエモン「これをジャーナリズムとしている時点で終わっている。単に他人のプライバシーを暴き出しそれを叩くだけの行為で、社会的意義などゼロだ。単に部数が出て話題になるというだけでジャーナリズムと言えるわけがない。世の中の“自称ジャーナリスト”たちは、この決定に抗議したりしないのだろうか……。

雑誌ジャーナリズム大賞は各雑誌の編集者100人の投票によって決まるという事ですが、NHKのニュースで流れた物はいくつあるのでしょうか?報道ではなくバラエティ寄りなのだから、ジャーナリズム大賞じゃない名前にすればいいのにと思ってしまいます。

他にも「LINEモバイルの実店舗展開」や「囚人を出所後プログラマーとして就職させるカリフォルニアでの事例」など以前よりホリエモンが問題提起していた件が実現してきた件についてもコメント。ホリエモンがメルマガ内外で「なぜやらないんだ?」と言ってた事が現実になってきていますね。今週のヒトコマでは西アズナブルさんのイラストも楽しめます!

【ビジネスモデル教えちゃいます塾】

毎週ホリエモンが新しいビジネスモデルを提案するコーナー。

今回は車の自動運転化が進む中で、さらにその先を見据えたビジネスモデル。どうしても避けられない飛び出し事故を防ぐ為のシステムを提案しています。今回のアイディアには正直やられました。詳しくはメルマガ本編へ。

【近況報告】

週初めは富士山にある盲導犬の養成所へ。盲導犬の歴史から体験、現状の説明など。「全て寄付で賄われているとはスゴイ!」と驚愕の内容はホリエモンチャンネルで公開予定。そして『ホリエモン祭in福岡』に参加するため福岡へ。祭もまずまず成功の様子。

翌日は、熊本まで足を伸ばし黒川温泉のラグジュアリーホテルを満喫。足湯しながらの朝食はとても気持ち良さげ。その後は東京に戻り赤坂のWAGYUMAFIAでホリエモンが振る舞う13万円のディナー。その全メニューも余す事なく掲載しています。

翌朝は、念願の北海道新幹線に乗る予定が寝坊で乗れず…飛行機で函館へ。HIUの冬合宿に参加!ニセコまで列車を貸し切り移動。スノボをしたり元DeNAベイスターズ社長の池田純さんや猫ひろさんがゲストで参加したりと、こちらも盛り沢山の内容です。詳しくはメルマガ本編で。

【おすすめレストラン】〜パンチの効いた店名の福岡の名店〜

読者さんの「グルメ情報を掲載して欲しい」という声から誕生したコーナー。オススメの飲食店を紹介して行きます。今回は285軒目。

お店の名前を聞くと、北島三郎の歌が聞こえてくる人も多いのではないかというお店。ホリエモンが「何処かで聞いたことのあるような気のする店名とは裏腹に、そこで提供される料理は本格的。決して店名で判断しない方がよいだろう(笑)」と話す福岡の名店です。TERIYAKIの情報では、値段も良心的で味が良いと仰る方が多いみたいです。詳しくはメルマガ本編で。

【私のおススメデジタルガジェットコーナー】

ホリエモンがオススメするアプリやデジタルガジェットを紹介するコーナー。

今回は、iPhoneユーザーであるホリエモンがオススメするAndroidスマホ。某有名メーカーのカメラを搭載している事がお気に入りの様子で、iPhoneのカメラでは太刀打ちできないレベルだそう。

そしてiPhoneに近いアルミボディにiOS に近いOSでiPhoneの値段より遥かに安いというスマホ。Amazonのレビューを見ると指紋認証もiPhoneよりもスムーズとの噂。私のiPhoneは2年使っていますが何回登録しても私の指紋を認識してくれません(涙) Apple信者の私も心が揺らぐAndroidスマホ。詳しくはメルマガ本編で。

【ホリエモンの言葉】

ホリエモンの書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説していくコーナーです。今回はその中から1つを紹介。

『ベストの決断は痛みを伴う』

良薬口に苦し。ベストの決断は、たいてい痛みを伴う。心情的には腹が立ってしょうがない。しかし、感情を排して合理性から導かれた決断は、結果的に最大多数の幸福につながっていく。
──『0311再起動』 http://goo.gl/t3PCYx

他にも『経験とは時間が与えてくれるものではない』『人と同じは一番の損』など、33歳の自営業の格闘技屋の胸には突き刺さり過ぎる内容でした。詳しくはメルマガ本編にて。

【メルマガでしか言えない海外ガイド】

『堀江貴文サロン』内、旅行事業系グループから誕生した新コーナー。一般的にはあまり知られていないと思われる海外の楽しみ方を紹介。

今回はイタリアのアマルフィから行ける青の洞窟の現地人ならではの攻略法を紹介。島の周遊ツアーの中で立ち寄るのが一般的な青の洞窟ですが、もっと凄い体験が出来るとの事。これ現地に行く方は一生の思い出になると思います。詳しくはメルマガ本編で。

【ホリエモンWITH】

今週は、「TCCことばみらい会議」にて行われたauのCM(三太郎編)などを手掛けるコピーライターでクリエィティブディレクター篠原誠さんとの対談を掲載。

篠原誠さんと言えばこちらのCMシリーズが有名。

印象に残る言葉でCMを作り出す篠原さんと流行語大賞受賞を受賞したホリエモンとの「言葉」に対する対談。ホリエモンと同い年で大ファンだという篠原氏。短く伝える技術の鍛錬方法やコピーライティングの技術についてなど、興味深い内容になっております。詳しくはメルマガ本編にて。

【Q&Aコーナー】

このコーナーはホリエモンが読者の質問に答えるコーナー。基本的に全ての質問に回答しています。今回はその中から一つを御紹介。

Q. 日本酒の輸出について質問です。三重県と秋田県の蔵元を知っていて日本酒の輸出業を始めようと思ってます。過去の質問、Vol.363-2/3【Q,16】の「日本酒の海外でのニーズの質問」で、
「A,世界中に日本の酒造を紹介するビジネスは、まだまだ小さいので伸びると思いますよ!」と回答されていましたが、参考までに、どこかの国に行かれた際に日本酒の需要を実感されたのか知りたいです。また酒造を紹介するとは、海外向けに物販で日本酒を輸出するという意味なのか、それとも専門ECサイトを立ち上げ海外ユーザーに直販するということなのかも気になります。私は20代前半の若者で、孫正義社長のように「30代で1000億の軍資金を」と考えています。日本酒の輸出市場にそのレベルの可能性はあると思いますか?

A. BtoCで直接消費者に日本酒を届けるにはまだ認知度が足りないので、基本は飲食店や小売店への営業になります。小規模の酒造は海外に独力で行って拡販する力がないので、そこがビジネスチャンスになります。どの国に行って云々ではなく、そもそも日本食レストランに行って日本酒があまり置いてないって問題意識です。イタリアンレストランに行ったら、普通イタリアワインを飲むでしょ? 日本人の感覚はさておき、外国人のマインドから考えたら日本食レストラン行ったら日本酒を頼みたくなるのが普通です。でも大手メーカーのたいして美味くない日本酒しか置いていないんですよ、バブルの頃のイタリアンレストランみたいなもんで、小売業なのでビジネスも小規模になるため、孫さんみたいになりたいのなら無理ですね。日本酒を広めたい意欲が高くないんだったら、たぶんうまくいきません。

確かにイタリアンでは様々な種類のワインが並んでいますが、海外の日本食レストランにはSAKEと一種類の、Syochuと書いてある芋と麦くらいしか見かけない気がします。

ホリエモンは以前より下記のように話しており

日本酒の未来は明るいと見ています。その他のたくさんの質問と回答全てはメルマガ本編にて。

大人気の当コーナーのスピンオフ企画である、Youtube『ホリエモンチャンネル』Q&Aでは当コーナーに送られて来た質問の中から数問をセレクトし、ホリエモンが直接動画で回答します。ここでの解答より詳しく解答する事も?!あなたの質問が採用されるかも?

【編集後記】

当メールマガジンの編集人、担当編集S氏による、堀江関連の情報をお届け。堀江に関するちょっとしたこぼれ話やメルマガのこと、今後の活動などを掲載しています。

・・・毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているホリエモンのメールマガジン『堀江貴文のブログでは言えない話』

「ニコニコ動画」/「まぐまぐ」/「FC2」/「BLOGOS」/「夜間飛行」/「ダイヤモンド/「シナプス(Facebook)」/「note」で、毎週1回発行しています。値段は月額864円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。

メルマガの申し込みはこちらから▼
http://horiemon.com/magazine/

『堀江貴文イノベーション大学校』入会はこちらから▼
https://lounge.dmm.com/detail/87/

友だち追加数