BLOG

ホリエモンが語る「100万分の1」の人材になる方法

カテゴリー:
おすすめ書籍, 頭の体操

「学校はいらない」が持論の堀江貴文。今月、初の本格教育論『すべての教育は「洗脳」である』(光文社新書)を上梓し、自身も最高学府出身だけに教育への関心は高く、同テーマの発言に多くの人々が注目する。では、これからの教育の理想形とは何か、若者はいかに生きる道を切り開けばいいのか。ズバリ本音を披露してもらった。

「教育はよく『投資』にたとえられますが、現状はそうなっていない。いわば『貯金』にとどまっています。貯金とは、進学、引越し、転職、結婚、老後などの『いざという時』を想定して買いたいものを我慢し、お金をひたむきに蓄えること。学校もこれと全く同じで、『将来のリスク』に備えて今この瞬間の『やりたい』という気持ちを生徒にこらえさせ、代わりに学歴や資格、スキルなどを『蓄え』させる機関です。これでは、言われたことは何でも器用にこなせるが平凡な〝オールB型〟人間しか育たない。すなわち、どこにでもいる交換可能な人材です。これでは早晩、他の人間はおろか、AIにさえポジションを奪われてしまう。

今の時代を生き残るには、自分の価値、いわば〝時価総額〟を上げなければなりません。その方法はシンプルで、より『レア』な人材になればいいだけ。目標は100万人に1人の人材です」

ー しかし、「100万分の1」とはオリンピックの金メダル級の確率だ。これは限られた天才にしか達成できないのではないか。

「まず、対象や分野は何でもいいということを念頭に置いてください。そこで『100人の中で1番になる』ことを考えるとどうでしょう。頑張れば何とかなれるものが見つかるのではないでしょうか。その『100分の1』の要素を自分の中で3つ見つければいいんです。そして、3つを掛け合わせれば『100万分の1』になれます。

たとえば高校生で起業した椎木里佳さん。彼女は「現役女子高生」「起業」「社長」という3つの〝タグ〟を得たことで一気にスターダムに駆け上がった。また、在日アメリカ人で人気お笑い芸人の厚切りジェイソン氏。彼は『在日外国人』、『IT企業役員』、『お笑い芸人』という3つのタグを持つ、まさに100万分の1の人材です。

さらに極論すれば、有名人の養子になれば『○○二世』を名乗れ、一瞬で唯一無二の人材になれる。実際に政治や歌舞伎などの伝統芸能の世界では養子によって『一門』の存続が図られてきているので、決して絵空事ではありません。もちろんこれはレア中のレアケース。もっと手っ取り早いのは、好きなものを突き詰めて『コンビニアイス評論家』を名乗るアイスマン福留氏のように、自分オリジナルの肩書をつくれば100万分の1どころか一気にオンリーワンになれます」

自分の得意分野を3つ探し、それらを掛け合わせたレア人材となって世を渡る――成功するか否かは当人と運次第だが、学歴や資格などがもはや通用しない現代、サバイバルのために有効な考え方であるのは間違いない。

関連記事▼
ホリエモン「給料以上にコストがかかる」「ダメな人はお荷物でしかない」 仕事ができない人に辛辣コメント
http://weblog.horiemon.com/100blog/31709/

厚切りジェイソンの「手書き履歴書批判」 にホリエモン賛同→意気投合し対談実現へ!?
http://weblog.horiemon.com/100blog/32964/

友だち追加数