BLOG

ホリエモン、自動翻訳の進化を解説「やっぱり技術が世の中を変える」

カテゴリー:
システム・ネット関連, テクノロジー

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「YouTubeの字幕翻訳」について。

YouTubeの字幕動画が10億本!自動翻訳は急速に進化している

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 「YouTube」の動画って、字幕対応しているものもあるけど使うことある?

ひろ ええ。あの字幕のクオリティって、結構、優秀ですよね。たまに機械的な文章もありますけど、それでも大まかな意味を理解するには全然問題ないレベルです。

ホリ そんな「YouTubeの字幕動画が10億本に到達した」という発表があったけど、規模がすごいよね。

ひろ 字幕化が進めば言語の壁が低くなるわけで、そうなると適当に動画を作っている日本のユーチューバーが、いきなり世界で大ヒットってなことになるかもですね。

ホリ そうだね。自動で字幕化してるってことはディープラーニングを使ってると思うんだ。YouTubeの親会社はグーグルで、グーグルはディープラーニングに力を入れているから。で、自動翻訳や音声認識は、ディープラーニングが進化してかなり変わったよね。例えば、AR(拡張現実)とかVR(仮想現実)を使いつつ、ほぼリアルタイムで字幕を付けることも技術的には可能になった。

ひろ 字幕を付けるのがPCのディスプレイなのか、ヘッドマウントディスプレイなのかの差ですからね。

ホリ マイクロソフトが開発している「ホロレンズ」(複合現実デバイス)みたいな製品が、眼鏡サイズまでコンパクト化すれば、リアルタイム字幕も実現できると思うよ。

ひろ すでに『ドラえもん』に出てきた「翻訳コンニャク」が実現する時代ってことですよね。

ホリ こういう話って遠い未来のことだと思っている人もいるだろうけど、実はすぐそこまできているんだよね。やっぱり技術が世の中を変える。

ひろ んで、こうやって見ると、ほかの動画サービスはYouTubeとまともに戦えなくなってきたと思っちゃいます。YouTubeのバックはグーグルですけど、資金力も技術力も世界トップレベルで、なおかつ利用ユーザーも多いのでコンテンツの調達力も強い。どう考えても普通に勝負して勝てる相手じゃなくなっていますよね。

ホリ フェイスブックも動画サービスに力を入れ始めているけどね。タイムラインにもガンガン動画が表示されているし、「Apple TV」みたいなセットトップボックス(一般のテレビで視聴できるようにする装置)向けのアプリも提供するらしい。

ひろ テキストや写真と同じように、動画もコミュニケーションの重要なツールになっているので重視しているんでしょうけど、SNSで動画が主流になるかどうかは微妙ですよね。

ホリ インスタグラムもライブ配信を始めているけど、どうなんだろね? SNSという意味では微妙な気もしなくはない。

ひろ 動画の場合、自分を〝盛る〟ことが難しいので、コミュニケーションの主流になるのはまだ先かなと思っちゃうんですよ。「SNOW」みたいな動画自動加工アプリがもっと出てこないとダメでしょうね。

ホリ やっぱり盛るのは、今の若者にとって大事なことだからね(笑)。

・・・この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください

友だち追加数