BLOG

ホリエモン、最近のタクシーは「クオリティの低下が目に余る」

カテゴリー:
堀江貴文, 生活関連, 社会

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「タクシー」について。

都内初乗り410円でタクシーの乗客は増えるのか?

(イラスト=西アズナブル)

ひろ 東京の23区ほか一部の地域のタクシーが、初乗り運賃を410円に引き下げましたね。運転手さんのなかには「儲けが減って困る」と嘆いている人もいるみたいです。

ホリ てか、最近はタクシーのクオリティの低下が目に余るレベルなんだけど。カーナビの使い方がわからない人とか普通にいるし、加齢臭なのか歯周病なのかニオイがキツい人も多い。

ひろ なかには、お客さんに説教を始める人とかもいますよね。

ホリ 特に個人タクシーは電子マネーでの支払いができないクルマも多いし、高齢化率も高い。俺なんか、わざわざ敬遠してるくらいだもん。

ひろ  年齢によって個人タクシーの運転手になるには「タクシー会社で10年以上乗務した経験がある」みたいなヘンな条件がありますよね。タクシー業界には、こうしたいろいろな「規制」があって、新規参入する企業が少ないんですよ。だから、競争がなかなか生まれない。それで必然的にサービスのクオリティが下がってしまう。

ホリ クオリティを上げるには配車アプリ「Uber」のように乗客が運転手を評価するシステムを導入すればいいんだよ。

ひろ もし、運転手が説教なんてしてきたら、評価はだだ下がりでしょうね(笑)。んで、海外ではUberが普通にタクシー業務をやっていて、一般人が運転してたりするんですけど、これって副業でやっている人が多いからだと思います。ひとつの職業しか経験していない人って、その職業の常識みたいなので凝り固まっているせいで、ヘンな考えの人って多いんですよね。だから、副業でやってる人のほうが気がきいたりする。

ホリ だね。

ひろ だから、やりたい人は誰でもやれるように規制緩和したほうがいいんですよ。今のままだと、タクシー業界はますますサービスが下がってしまいますよ。

ホリ だから、日本でもUberを全面的に認めてほしいな。

ひろ 今は規制に引っかかるので、ハイヤーを借りてサービスを提供するということになっていますよね。でも僕的には、Uberを認めるよりも先にタクシー業界の参入障壁を下げて、業界に参入しやすくしたほうがいいと思うんですよ。

ホリ え? なんで? 便利でリーズナブルなサービスをやってくれたほうが良いじゃん。

ひろ もし、日本人がUberをすぐに始めていたら、社会的なバッシングにあっていたと思うんですよ。それで議論の方向が変わってしまう。だからUberを許可するよりも、誰でもタクシー業界に参入できるようにしたほうが、全体的なクオリティは上がると思うんです。

ホリ まあ、競争原理が働くからねえ。

ひろ そうすると便利さを追求したり、いろんな付加価値のあるタクシーが出てくると思うんです。例えばロシアのモスクワとかだと、普通のタクシーと高級なタクシーが走ってたりして、値段が倍ぐらい違います。でも高級なクルマで移動したいと思う人もいるわけです。んで、今回のテーマの初乗り運賃の値下げですけど、堀江さんはどう思います?

・・・この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください

友だち追加数