BLOG

ホリエモン、音声認識の技術は「ビッグデータを使ってディープラーニングできるようになってから潮目が変わった」

カテゴリー:
メディア出演

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「アマゾンの音声認識技術」について。

アマゾンの音声認識技術「アレクサ」は普及するのか?

ホリ 音声認識といえばアップルの「Siri」が有名だけど、最近はアマゾンの「Alexa」が注目されているみたいだね。「スマホの次のプラットフォームになる」なんて評価もあるくらいだし。

ひろ 日本企業は昔、音声認識に関して優れた技術を持っていましたよね(1960年代頃から開発)。

ホリ 音声認識の技術って、ビッグデータを使ってディープラーニングできるようになってから潮目が変わったんだよ。膨大なデータを分析して機械が自己学習できるようになって、精度が格段に上がった。だから、膨大なデータや世界有数のサーバーを持っているアマゾンやグーグル、アップルが有利なんだよね。

ひろ その点、日本の企業は……。

ホリ もう、日本とかアメリカとかいってる時代じゃないと思うよ。俺は優れたサービスを作り出してくれるのなら、どの国の企業でもいいと思う。

ひろ でも、国の違いは大きいと思いますよ。アメリカは技術の一部を無料公開して、他社に「使ってもいいよ」という企業が多いですよね。でも、日本の企業だったら「他社が作ったソフトでトラブルが起きたら困るからやめよう」ってことになる気がします。

ホリ そういえば、アレクサが搭載されたパーソナルアシスタント端末のアマゾン「Echo」(話しかけるだけで天気予報を教えてくれたり、家の電気を点けたり消したりしてくれる/日本未発売)が、テレビCMの声を認識して、間違えて自宅に商品が届いてしまったというニュースがあったよね。

ひろ ええ。そんなときアメリカでは、代金を支払って、謝って終わりになるんですよ。「とりあえず進めてみて、不具合があれば直せばいいじゃん!」という考え方の会社が多い。でも日本だと、担当者は「失敗した」というレッテルを貼られて、出世に響くとかあったりすると思うんです。そんな感じで、チャレンジできない風土があるような気がするんですよ。

ホリ 風土もあるだろうけど、音声認識では日本の企業はビッグデータを持てなかったことのほうが大きいと思うよ。

ひろ でも、データは持ってても責任問題がついて回りそうですけどね。人工知能(AI)が下した判断が意図しなかった状況になったとき、誰がどうやって責任を取るのかとか……。

ホリ いや、日本がアメリカに後れを取ってるのはビッグデータの絶対量の問題だと思う。AIが学習するには、元となるデータが大量に必要。でも、ユーザーから許諾を取れてる音声データをそんなにたくさん持ってない。

ひろ ビッグデータ自体は、日本にも結構あると思うんですよ。例えば携帯電話のユーザー行動履歴とか。

ホリ でも、携帯電話の行動履歴って、ユーザーからの許諾は取れてないでしょ。

ひろ 僕は個人情報を伴わないデータに許諾はいらないと思いますけどね。Gmailとかは、メールの内容に応じて広告が掲載されますが、あれって個人の通信のやりとりをグーグルがわかっているってことですよね。グーグルはOKだけど、日本の通信会社がやるのはNGというのはよくわからないですよ。

ホリ まあ、そこを強気で押し通すことをサラリーマン経営者はやらないだろうね。責任を取りたくないだろうし。

・・・この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください

友だち追加数