BLOG

ホリエモン、“恋ダンス”のネット展開は「本当にもったいない」

カテゴリー:
メディア出演

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、話題のドラマ「逃げ恥」について。

ドラマ『逃げ恥』ヒットで考えるネットとドラマの未来とは?

ホリ TBSのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は、すごい人気だったね。この間も、『バンカラ』(生バンド演奏でカラオケができる飲食店)で星野源さんの「恋」が流れたら、みんなが「恋ダンス」を踊ってたよ。

ひろ 僕、基本海外にいるんでドラマ自体は見てないんですけど、ネットを見ていると話題だったことがわかります。総合視聴率(リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率を足したもの)が、30%を突破したってニュースになってましたよね。

ホリ あ、俺もドラマはあんまり見てなかったんだけどね(笑)。でも、原作のマンガ(海野つなみ作)はおもしろかったよ。IT企業に勤める草食系男子と大学院卒の就活失敗女子の恋愛下手なストーリー。出演者もいい感じで、星野源さんも役によくハマってたし、ガッキー(新垣結衣)はめちゃめちゃ可愛かった。それに脇役の石田ゆり子さんも「奇跡のアラフィフ」として注目を浴びた。石田さんは、本当にアラフィフには見えないレベルだったよ。

ひろ 堀江さん、なんか『逃げ恥』に関して、めちゃめちゃ詳しいじゃないですか!(笑)。意外としっかり見てたんじゃないっすか?

ホリ いやいや、ドラマそのものは見る時間はなかった。でも、話題になった、恋ダンスの動画は見たよ。

ひろ 恋ダンスは忘年会や新年会の余興として、ピコ太郎の『PPAP』といい勝負みたいですね。

ホリ でも、みんなで盛り上がることを考えると圧倒的に恋ダンスの勝ちでしょう。だって、PPAPって一瞬で歌い終わるし、ぶっちゃけ大しておもしろくないじゃん(笑)。

ひろ やっぱり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」や恋ダンスみたいに集団で踊るものは、カラオケや忘年会、新年会でやりやすいですよね。ちなみに、TBSは、ネットで爆発的に広がることを想定して恋ダンスを作ったんですかね?

ホリ んー、そこまでは考えてなかったと思うんだけどな。

ひろ エンディングに使われて流行ったといえば、過去に「涼宮ハルヒの憂鬱」があるんですよね。「ハレ晴レユカイ」って曲とそれに合わせたダンスが流行りましたけど、それを見ていた世代がテレビ局側にも増えてきたとか? または、なんとなくエンディングでダンスをやってみたら結構ウケて、ネットに動画をアップしてみたって感じなんですかね?

ホリ たぶん、恋する『フォーチュンクッキー』の成功モデルをコピーしたんだと思うよ。てか、恋ダンスはもっと『恋するフォーチュンクッキー』みたいな展開をすべきだったよね。例えば、あのダンスをサイバーエージェントのキラキラ女子たちが踊ってたら、再生数ももっと稼げたでしょ。本当にもったいないと思う。

ひろ たしかに、『恋するフォーチュンクッキー』の時には、サイバーエージェントの他にもいろんな会社が動画をアップしていましたよね。

・・・この続きは、1/5発売の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください

友だち追加数