BLOG

ホリエモンが語るファミレスの未来、ロイホは「二極化にマッチしてない」

カテゴリー:
メディア出演

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは「ロイヤルホストの24時間営業廃止」について。

ロイホが24時間営業を見直し。ファミレスの未来とは?

ホリ ロイヤルホスト(以下、ロイホ)が24時間営業をやめるらしいね。しかも、定休日の導入も検討してるとか。それって、深夜の時間帯に大して高くない給料で働いてくれる人が、もういなくなったってことだよね。

ひろ 深夜に客が来ない↓売り上げが少ない↓大した給料が出せない↓スタッフが集まらない、という悪循環があって、なんとか踏ん張ったものの、もう限界を迎えたって感じですかね? 今は「外食」より「コンビニやスーパーで惣菜を買って家で食べる」って人が増えたんじゃないかと。

ホリ あとは。激安居酒屋とか「コンビニ飲み」が増えてるからだろうね。最近は、「高級業態」か「激安業態」に二極化しつつあるから、ロイホってそんな中では、すごく中途半端なポジションだもん。

ひろ 「生命保険文化センター」が発表した興味深いデータがあるんですけど、それによると、単身世帯が持つ金融資産の保有額の平均は773万円ですけど、中央値が20万円なんですよね。これって、単身世帯の半分は20万円以下しか持ってないけど、少数のお金持ちがいるってことなんですよ。つまり、堀江さんが言っているような二極化は本当に進んでいて、中間層がいなくなっちゃったってことなんですよね。

ホリ そうそう。ロイホみたいなファミレスは、その二極化にマッチしてないんだよ。

ひろ それに、今は「親2人に子2人」という、いわゆる昔ながらの〝ファミリー〟がそこまで多くないですからね。しかも深夜にダベったり、朝まで過ごすならマクドナルドに行けばいい。100円ですんでしまいますから。そうなると、ますますファミレスに行く必要がなくなる。だから、仮に営業時間を短くしても根本的な解決にはならない気がするんですよ。となると、打開策は堀江さんの言うように、メニューを安くするか、逆に高級路線へ舵を切るかしかないんじゃないかと。

ホリ ロイホのポジション的には、「鳥貴族」みたいに格安路線でいくしかないと思うんだけど。

ひろ 安いものが売れる時代ですからね。例えば、アパレル業界でもユニクロとしまむらを比べると、安売りを続けるしまむらのほうが成長していて、逆に値上げに踏み切ったユニクロは成長が鈍化してますよね。なんか、一億総中流という日本人の感覚がどんどんズレていってる気が……。

ホリ 飲食店の話だと、『食べログ』とかのグルメサイトがファミレスに追い打ちをかけてるんだよ。ってのも、昔は探しにくかった安くておいしい個人経営の店が、グルメサイトによって見つけやすくなったからね。正直、ロイホと同じ値段で、もっとおいしいものを出してくれる店は簡単に見つかる。

・・・この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください。

▼関連記事
これからは個人飲食店の時代!?ホリエモンがチェーン店衰退の理由を語る「堀江貴文のQ&A vol.563〜チェーン店は厳しい!?〜」

これからは個人飲食店の時代!?ホリエモンがチェーン店衰退の理由を語る「堀江貴文のQ&A vol.563〜チェーン店は厳しい!?〜」

最近飲食店経営について考えていること

最近飲食店経営について考えていること

友だち追加数