BLOG

【HIU】トランプは赤ちゃん言葉の演説で大統領に? ホリエモン×鈴木寛・国内外の政治とオリンピックを語る!

カテゴリー:
堀江貴文イノベーション大学校

トランプが勝利を収めたアメリカ大統領選により世の中は揺れていますが、実は1ヶ月前のHIU対談で鈴木寛さん&ホリエモンがトランプ優位を大胆予想していたって本当!?

今回も、堀江貴文イノベーション大学校で行われる、サロンメンバーだけが参加できる定例会での対談内容を、ほんの少しだけお届けいたします!

ゲストは鈴木寛さん!

10月のゲストは鈴木寛さん。東京大学教授、慶應義塾大学教授、文部科学大臣補佐官、日本サッカー協会理事、社会創発塾塾長、元文部科学副大臣という早々たる職務をお持ちの超絶エリート。また、2001年参議院議員初当選(東京都)、12年間の国会議員在任中に文部科学副大臣を2期務めるなど、教育・医療・スポーツ・文化・科学技術イノベーション・IT政策を中心に活動されていました。また、東京オリンピック・パラリンピック招致議連事務局長も務められたとあってオリンピックへの鋭い言及が飛び交います。

そんな鈴木寛さんとホリエモンが、オリンピックのこと、日本政治のこと、アメリカ政治のことをあますことなく語りつくしました!

東京オリンピックは間に合わない!

鈴木寛(以下、鈴木):オリンピックはね、もう間に合わないですよ。

堀江貴文(以下、堀江):え、間に合わないんですか?

鈴木:オリンピックというのは1年前には準備ができていないとダメなんです。ということはあと3年しかない。結局、何か決まりかけても、すぐに都知事などの決定権がある人が辞めてしまうからダメなんです。

堀江:東京都知事も、舛添さんから小池都知事に変わりましたもんね。

都知事はもう誰でもいいから続けてくれ!

鈴木:僕から言わせれば、もう都知事は代わらないでいてくれたら、それだけで良いという想いです。だって、せっかく決めかけていたことも上層部が交代したことによって、1から出直しになりハシゴを外される。これじゃ何も進まないですよ。結局、新国立競技場もできますが、当初案よりシャビーになるでしょう。デザイン問題には僕は関心がないですが、とにかくいろんな若者のアイディアが潰されてしまいました。

堀江:例えばどんなアイディアがあったんですか?

鈴木:オリンピック会場にカメラ500台を導入して合成した映像を札幌ドームから福岡ドームで同時配信ストリーミングをしたり、その他は、オリンピックが日本にくるなんて50年に一度のチャンスということで、サムスンより日本が凄いんだぞと技術をアピールできるようなチャンスもあった。でも、様々な問題とメディアの煽りで意図しないところに問題がフォーカスされて、全部無駄になりました。50年に一度のビッグチャンスを逃すなんて、残念でなりません。

堀江:もう、舛添さんが「事業費と予算は違うんだ!!」と、一回ブチギレたらよかったと思うことはありますよね。

鈴木:でも、それもメディアは編集でカットしますよ。

堀江:ただ今の時代twitterもありますしね。橋下徹さんなんかはtwitterで自分の意見をバンバン言ってます。

鈴木:民主主義とメディアが重なると、末期的な状態になるということです。だって、トランプが出てくること自体おかしいわけですから。でも彼はメディアコントロールができる人なので。

堀江:そうですね。トランプはメディアコントロールの天才のようなところがあります。庶民の感情をどうやったらいじれるかというのを熟知していますね。

トランプは赤ちゃん言葉!?

鈴木:そうなんです。トランプはわざと赤ちゃん言葉、というか、子供言葉で話していたらしいですよ。普通に頭の良さを出してしまうと、反感を買う。だから、簡単な言葉だけをつかい赤ちゃん〜小学生のような話し方をしていたと、アメリカの友人が言っていました。そのメディア戦略も成功していますよね。対してクリントンは「キレ者」そのもので、鼻に付く雰囲気だから庶民からの受けは悪いのでしょう。でも、クリントンがいまさら赤ちゃん言葉をつかってもビックリしますけどね(笑)。

堀江:そうですね。オバマ元大統領のときも、オバマは人種的にマイノリティだと訴えることでメディア戦略に成功しましたよね。実は彼は良い家柄のお坊ちゃんなんですが、その面を出すと反感を買ってしまう。「差別を受けて苦労してこの地位までのぼりつめてきました」というストーリーで共感を集めたのでしょう。

鈴木:そうですね。でも、、、戦略には限界がありますからね。

堀江:いや、限界はありますけど、やる人はやりますよ。例えば竹中平蔵さんなんかは…

・・・・・・

さて!今回のレポートはここまで!!

実際に対談映像を見たい方は、堀江貴文イノベーション大学校のサロン会員になると「秘密のfacebookページ」に招待されますので、そちらで過去の動画を見てくださいね!

また、生でホリエモンの話が聞け懇親会も行われる定例会も月2回開催!
毎回素敵なゲストとホリエモンが、トークセッションを繰り広げます。

batch_img_0449

<こんな方におすすめ>
・新しいことにチャレンジしたい
・新しいビジネスを立ち上げた
・やりたいことがたくさんある
・ビジネスだけでなくとにかく充実した毎日を過ごしたい
・普段できない経験、体験をしてみたい
・アクティブな仲間を増やしたい
・最新テクノロジーに興味がある
・勉強するより実践で多くを学びたい
・価値観の合った仲間と楽しいことを追求したい
・アイディアをカタチにしたい

人生1度きり、楽しまなきゃ損! そんなホリエモンの生き様をぜひサロンで体感し、そしてアクティブな仲間と一緒に、遊びにビジネスに全力でチャレンジしてみてくださいね!

yoshi

『堀江貴文イノベーション大学校』

Text&Photo:西内悠子(りむちゅん)

<ライター西内悠子・関連記事>
▶︎ブログ「こじらせ悠子のこじらせ日記」
▶︎twitter
▶︎インスタ
▶︎講談社FORZA STYLE
「ホリエモンが『尿』を欲しがったイベント!?

友だち追加数