BLOG

情報を浴びながらアウトプットする。ホリエモンが実践中の“21世紀の新しい働き方”とは?

カテゴリー:
メディア出演, 堀江貴文, 社会

ホリエモンと中村洋基さん。2人の共通点は今年3月1日に立ち上がった予防医療普及委員会「ピ」のメンバーであること。ガンの真実に迫る30分。

『ピ』クラウドファンディングはこちら。
胃がんの原因は99%ピロリ菌だった。 皆で検査をして予防しよう。
https://readyfor.jp/projects/pipipi

(3月26日放送されたTOKYO FM『澤本・権八のすぐに終わりますから』の内容をダイジェスト収録したものです。)

本記事は宣伝会議「アドバタイムズ」からの転載です。
http://www.advertimes.com/

ロケットは技術の総合デパートだ!宇宙事業は着実に進行中

中村:堀江さんはインターステラテクノロジズという会社もお持ちですが、これはざっくり言うと、宇宙事業の会社ですか?

堀江:ロケットをつくる会社です。つくって飛ばす会社です。

中村:ロケットをつくりたい、飛ばしたい?

堀江:簡単に言うと、まずなぜ僕たちは宇宙に行けてないのか。みなさん行ったことないですよね? なんで行けないんだと思います?

澤本:金がないから?

中村:ロケットが高いから。

堀江:そう、その通りなんです。安くすればいいんですよ。ガガーリンが宇宙に行ってからもう50年、人類が月に行って45年ぐらい経ってるんです。ロケット技術は古い枯れた技術。50年前の技術で行けていたんだから。唯一のネックは高いことで、なんで高いのか考えてみたんですよ。とっくの昔に僕たちは普通に宇宙に行けていたはずなのに、何かが間違って、今のように誰も行けないようになってるわけです。今まで人類で宇宙に行ったのはたった500人ぐらいしかいません。それは高いからです。今、スペースシャトルが終わったので、1人70億ぐらいかかるんですよ。

澤本:70億!? 高い!

堀江:日本人で初めて宇宙に行ったTBSの秋山(豊寛)さんという記者の頃は15億ぐらいだったらしいです。だけど高騰しちゃって今70億ですよ。これを劇的に下げなければいけなくて。なぜ下がらなかったかというと、これまで最先端の技術競争をやっていたからなんです。つまり、A地点からB地点まで普通の自動車で行けるのに、毎回F1並みの車をつくっていたわけです。

澤本:なるほど。

堀江:国がやるとそうなっちゃう。国の予算というのはそういうものにしか下りないから。蓮舫さんが言ってたじゃないですか。

中村:仕分けを。

権八:2位じゃダメなんですかと。

堀江:2位じゃダメなんです。国家予算というのは1番にならなきゃダメ。科学技術は特にそうだから、お金を湯水のように使って、最先端の技術を研究していたわけです。でも、それではいつまで経っても安くならない。僕たちは枯れた、要は50年前の技術を再発明しようと。今の最先端の素材技術であったり、電子工学であったり、いろいろな技術を使うと、当時と同じようなことが非常に安くできるんですね。

澤本:なるほど。

堀江:1つひとつ民間の汎用品を使って安くしていこうとすると、意外と安くいけそうだねと。そういう活動をしています。

中村:センシティブな話ですけど、それは刑務所を出てからはじめられたんでしょ?

堀江:いえ、前からです。ロケット事業は7、8年やっています。時間かかりましたよ。ロケットは技術の総合デパートみたいなもので、ありとあらゆる科学技術の粋を尽くさないとつくれないんですよ。やっと「サブオービタル」と言って、無人ですけど宇宙にちょっとタッチして帰ってくるというところの打ち上げを今年の上半期にできるところまできました。

澤本:もうそこまでいったんだ。

堀江:あと2、3年経てば人工衛星も打ち上げられるぐらいのところまではきました。

中村:すごいな。もともとロケット工学みたいなものはやられていたんですか?

堀江:やってないです。けど、やっていくと覚えていくので。

刑務所の中では勉強が忙しくて、時間がなくて大変だった

中村:極端に言えば、僕らと同じベースから宇宙事業をはじめたということですよね。

堀江:そうですね。僕はソフトウェアのプログラマだったんですけど、ソフトウェアのデバッグとハードウェアのデバッグって一緒なんですよ。この間もレギュレータという空気圧を調整する装置がぶっ壊れて、なんで壊れたんだろうと。実験中に壊れて緊急停止して、あーでもない、こーでもないと可能性を絞っていくと、たぶんこれだねとわかって。だから、対策はこれだと。それがブツか、ソフトウェアのコードかの違いでしかないので。

澤本:なるほど。

堀江:やってることはそんなに変わらないです。

権八:それはどこでやってるんですか?

堀江:東京と北海道に工場があって、打ち上げや実験をやるのは北海道ですね。

中村:すごいとしか言いようがない。

権八:この『本音で生きる』にも書かれてますけど、ロケット工学をもともと勉強されていたわけではないのに、興味をもつと自然とのめり込んで勉強するから、どんどん。

堀江:そうですね。楽しいですよね。知ること自体が。

中村:没頭が楽しいみたいなことが、『ゼロ』にも書いてありましたね。

堀江:そうですね。没頭を楽しく思えるかどうかは1つのポイントなんじゃないですかね。

中村:ずっと没頭している状態になると、楽しくなりますよね。

堀江:どんどんプロジェクトが立ち上がってますけど、何がよかったって、たくさんの面白い人達に出会えることですね。今日もお三方のプロフィールを見る限り、聞きたいことがいっぱいありますもん。このearth music&ecologyの仕掛けが大好きで。あのアプリは結構遊びましたよ。

権八:ありがとうございます、なんですけど、残念ながら僕あれには関わってなくて(笑)。でもあれはヒットしましたね。

堀江:ヒットしましたよね。

中村:リスナーというか、いちホリエモン視聴者として聞いてみたいのは、収監されて、入って出てから心境や心変わりすることはあったんですか?

堀江:僕の中では完全に終わってるので、今となっては、みたいな感じはしますけどね。唯一面倒くさいと思うのは人集めですね。特に技術者人材。自由に使えるリソースがないというのがめちゃくちゃストレスですね。

中村:ライブドアのときは上場もしていたし、お金もあったから技術者を集めやすかった。

堀江:そう。自由に使えるお金と人材がいなくなったのが。お金は集めればいいけど、人材は簡単に集まらないので。10年かけてせっかく積み上げたのにみたいな。

中村:優秀な技術者を。

澤本:それが一回ポーンと。

堀江:いなくなったから大変ですよ。ロケットの会社、大変ですもん。僕はちょっとそのへんは甘かったというか、要はパブリックカンパニーの社長をやっていたので、株主に対して最大限のリターンを返さなければいけないと真面目に思っていたから。事件があって、僕はシェアを18%しか持ってなかったから、何も言えないですよ。何の影響力もなくなっちゃって、またイチからこれをつくるのかと。そこが唯一ですね。だから今回は株主構成にしても何にしても全部ガッチガチにしてあります。またそんなことをやってる時間的な余裕はないので。

中村:やっぱり収監されていたときは、ちくしょう、なんで俺だけがと。

堀江:僕は収監されることが決まるまでは、収監された後のことは考えずにいましたし、収監されてから考えはじめましたね。とりあえず1年9カ月はいなければいけないから、何をしようかと。ここでしかできないことをやっちゃおうと思って。とはいえ、情報収集は続けていたので、毎週膨大な数の雑誌と本を読んでましたね。寸暇を惜しんで。テレビも見れるので時間はなくて大変でしたね。

澤本:逆に時間がなくて大変だった。へー。

堀江:めちゃくちゃ中で忙しかったですよ。

一同:笑

澤本:勉強に忙しかった?

中村:そんな人、聞いたことないな(笑)。

実は深刻な人材不足?日本の刑務所の知られざる事実

堀江:情報収集に忙しかったし、勉強でいうと、パイロットの免許を取ろうと思って。ロケット開発を北海道でやっているので、北海道によく行くことになるかなと。飛行機があったら便利だなと思いながら、航空工学の勉強はやってましたね。パイロットの免許が取れるぐらいは勉強しました。

澤本:じゃあマンガ喫茶でずっと勉強している感じで部屋の中にいるような? 自分の時間をずっともらえているという感覚になれるものなんですか?

堀江:そうですね。仕事と寝てるとき以外は。

権八:仕事は単純作業をやらされるわけですか?

堀江:いえ、刑務所の中も人材不足なので。結構、人材不足は深刻化してますよ。たとえば、刑務所の食事って、基本的に懲役囚がつくるんですよ。

澤本:自分でつくってるんだ。

堀江:炊場と言って、炊事場があって。炊場配属の受刑者はエリートなんですよ。だって、刃物も扱うし、イタズラされても困るから。食事の時間も決まってるので、時間もピッタリ料理をつくらなければいけない。いろいろ高度なスキルも求められるんですね。なので、若くて、体力があって、優秀な奴が炊場に配属されるんですけど、今、人材不足になっていて、炊場に耐えられる人材がいないんです。どんどん少なくなってきているので、大阪のある拘置所はもう外注しはじめましたね。
僕は衛生係という、要は雑用係ですね。例えば指導補助。刑務所では基本的に、刑務官1人で数十人の工場を見ているので、回らないんですよ。技官というのがいて、助けてはくれますけど、ずっといるわけではないので。だから、僕たち受刑者が刑務作業を習って教えるんですね。キーボードをつくるなど、そういう作業があるんですけど、この部品をこうやってと。そういうのをやるわけですよ、いちいち。
工芸品だったら白河だるまなど。工程が結構いっぱいあって、最初は段ボール紙から加工していって、糊付けをして、最後に塗って、顔描いてというところまで十何工程あるんですね。それを全部覚えて、工程管理してという指導補助的なのもやるし。資材の運搬や洗濯、掃除、配膳もやらなければいけないので。毎日の食事の配膳も僕たちの仕事。

中村:真面目にやってたんですか?

堀江:もちろん真面目にやらないと。そういう作業をやる人が工場に3、4人いるんですよ。僕はそのうちの1人。だから、気持ち的に楽は楽ですよ。ずっと座って仕事をしなければいけないわけじゃないので。座って仕事をしている人はトイレ行くにしても、いちいち許可をもらわなければいけないので面倒くさいです。僕たちは自由に行けるので。

澤本:仕事によるわけですね。

堀江:雑談していてもあまり怒られないし。作業中でも。

権八:出てこられたときに激痩せしてたじゃないですか。中でトレーニングを?

堀江:トレーニングしてましたけど、自然に痩せますよ。カロリーが決まってるので。

澤本:摂取カロリーが落ちたから痩せたと。

堀江:そうですね。お酒飲まなくなって、摂取カロリーが落ちたので。毎日、8時間、9時間寝るので痩せますよね。

澤本:お酒は一滴も飲めないんですか?

堀江:もちろんです。

澤本:中にいるときはお酒なしなんだ。じゃあ健康になっちゃいますよね。

堀江:そうですね。もともと肝臓は強いほうで、ずっと正常値だったんですが、γ-GTPが15ぐらいまで下がりましたから。肝臓ほとんど壊れてません。ピッチピチのレバーになって。

一同:笑

権八:最新刊『本音で生きる』ではいろいろな方法論を書かれていますね。

堀江:僕はこんなに売れると思わなかったんです。16万5千部いってるのかな。。これまでの僕のまとめ本みたいな感じです。12、13年ぐらい前に出した『稼ぐが勝ち』という本があるんですけど、内容的にはほとんど一緒です。

一同:笑

中村:そんなこと言っていいんですか(笑)?

堀江:もちろん、僕の中でバージョンアップしたこと、言語化できたこともいっぱいあるんですけど、昔から僕の本を読んでる人はまた同じこと言ってるわ、みたいな感じですね。だけど、わかりやすくまとめられてるよね、とは言われます。初めて読む人も多いので。

澤本:そうでしょうね。

堀江:最近、テレビのクイズ番組などに出てるホリエモンって何者なんだろうと。すごい知識や教養があるけど、何やってる人なんだ?みたいな。

権八:そういう若い人が多いかもしれないですね。

堀江:そういう人が読んでくれている。一周回っちゃったみたいです。

権八:こう言っちゃなんですけど、非常に理に適ってるというか、いい意味で真面目というか。ちょっとイメージと違うと言うと失礼ですが(笑)。

堀江:昔、同じことを桃鉄などのゲームデザイナーのさくまあきらさんに言われました。僕の本を水道橋博士に言われたか何かで読んだらしいんですよ。テレビに出てる派手なホリエモンのイメージと思って読んだら、全然違っていて、真面目すぎて拍子抜けしたと(笑)。

権八:そう拍子抜け(笑)。いやいや、流石だなと思うんですけど、ご自身でも言ってますが、効率論と言ってしまえばそうかもしれないけど。

堀江:よかったと思うのは、こういう普通のタイトルをぶつけられるようになったことですね。

中村:『拝金』とかじゃなくて。

堀江:『稼ぐが勝ち』とか。あの頃って全然有名じゃなかったから、ああいうのでセンセーショナルにカマすしかなかったんですよ。

権八:『100億稼ぐ仕事術』もありましたよね。

堀江:そうそう。そんな感じでカマさなければいけなかったんですけど、今はカマす必要ないので。タイトル通りで、自然体でいける。

権八:この帯の写真がフワッと力の抜けた(笑)。

堀江:これは編集さんがうまかったです。狙ってつくったねみたいな。

中村:『ゼロ』のときはcakesの加藤さんや佐渡島くん、水野敬也さんなどと一緒に。水野さんは長野刑務所に行ったんですよね。

堀江:その辺りの人達からいろいろ知恵を出していただいて。超一生懸命つくったんですけど、これはもうその半分ぐらいまできてるんですよ。

権八:『本音で生きる』が。

堀江:これは全く手間かかってないです(笑)。販促キャンペーンも一切やってないです。サイン会を一度やっただけ。

オンラインサロンに“21世紀の新しい働き方”の可能性を見る

権八:『本音で生きる』は非常にポジティブな気持ちになりますよね。ご自身も別に自分がやってることは普通のことというか、人ができないことをやってるわけじゃないよと。ただ、唯一みんなと違うとしたら情報の浴び方が半端ないと。一桁違うよとおっしゃってるじゃないですか。実際、どれぐらいの情報を浴びてるんですか?

堀江:浴びてアウトプットするのが大事で、ツイッターのツイート数を見るとわかりますよ。

中村:半端ないですよね。

堀江:半端ないし、僕のメルマガを何かのテレビ番組でプリントアウトしたら1センチぐらいあったんですよ(笑)。1号だけで。毎週1センチ出してた。情報はただ受け取っただけじゃダメで、自分の言葉で脳内変換してアウトプットして整理しないと意味がなくて。その作業をすごいPDCAサイクルでまわしてますね。だから、面白い人と会うと、アイデアがポンポン出てくるんですよね。「キター!」みたいな感じで。これ全部やるのかなと。まわりの人達が押し付けられるのか、みたいに困るという。
僕はまたライブドアみたいな会社をつくるのはつまらないので、オンラインサロンをつくりました。堀江貴文イノベーション大学校をつくって、その人達がいろいろなプロジェクトをやっています。たとえばドローンレース。1年半ぐらい前にフランスかどこかで森の間を抜けていくのがあって、あれを絶対にやりたいとサロンのメンバーに投げたら、俺やりますとなって。1回目のイベントはしょぼかったけど、だんだん回を経るごとによくなって。その段階で日本ドローンレース協会をつくらせて、今度、ドローンワールドチャンピオンシップの日本予選を宮城県でやりますよ。

中村:お別れの時間が近づいてきているのですが、堀江貴文イノベーション大学校はオンラインサロンなので、お客様が月1万円払ってるんですよ。会社とはお金の流れが逆ですよね。社員に給料を払うんじゃなくて、堀江さんに、運営母体にお金を払っているのに喜んで仕事をするという。

堀江:これが21世紀の新しい働き方の1つだと思っていて。もともと岡田斗司夫さんという人のアイデアなんですけど。

権八:オタキングの。

堀江:あの人がやってたんですよ。5年ぐらい前に同じようなことを。面白いなと思って。僕も1万円払って3年間、合計36万円を岡田さんに貢いだんですけど(笑)。それで勉強したんですね。俺は岡田さんより人数を集められるし、面白いことができると思って。でも、1万円払って、直接触れあうから変な人来たら嫌と言ったら、いや、堀江さん1万円払ってる人はそれなりの人物だから大丈夫と。

澤本:なるほど。

堀江:1万円って決して安くない額じゃないですか。それを毎月払える人はそれなりの人物なんですよ。だから、一見変そうに見える人も話してみると、ただシャイなだけだったり。何かやりたいという希望を持ってるから、すごく意欲の高い人材だったりするんですね。もうすぐ2年になると思うんですけど、だんだんコツがつかめてきましたね。どういう風にやっていけばいいのかみたいな。

中村:それも情報を得ながらもアウトプットをやっているわけですね。

堀江:オンラインサロンでゲストを呼んだりして、ゲストとのコラボレーション案件が生まれたりもしてます。ぜひ、御三方でゲストに来てください。広告の話をしたいですね。

一同:ぜひぜひ。

中村:オンラインサロン堀江貴文イノベーション大学校もホームページで第21期のラウンジメンバーを募集中です。そして、最後に3月25日。新刊『君はどこにでも行ける』が。

堀江:これがまた売れそうで(笑)。cakesというサイトで最初の何章かを無料公開していて、反響がやばいんですよ。

中村:何十カ国も行った話を。

堀江:行って、僕が感じた日本と世界の距離感というか。バブルの頃の「ジャパン アズNナンバーワン」を引きずっている人が多いけど、バンコクに行ったら衝撃を受けるだろうなと。たとえば、バンコクのサイアムセンターというファッションビル、日本で行ったら109みたいなものがあるんですけど、そこのファッションやレストランのレベルはめちゃくちゃ高いですからね。

中村:そうなんですか?

堀江:アーティスティック、クリエイティブのセンスって、もともと映像やファッションはレベル高いですけど、かなり洗練されてきて、お金も入ってるので、ある意味、日本は抜かれてますよね。

澤本:本当ですか。

堀江:はい。本当に全然違いますね。街行く人達の経済レベルも上がっているから。今、日本にたくさん東南アジアの人が観光に来てるじゃないですか。あれは日本へ行くぞ、頑張るぞ、みたいな感じじゃなくて、普通に気軽に来てる。

澤本:そういう感覚、わからないもんね。

堀江:経済レベルが同じぐらいになってるから来てるんですよ。背伸びをして来てるんじゃなくて、普段着感覚で来てる。トップオブザトップの富裕層は日本とレベルが違うぐらい。タイの金持ちは半端ないですよ。

権八:そうなんだ(笑)。

堀江:僕の友達が音楽をやっていて、仕事で一緒になったタイ人の歌手の子にタイの家に遊びに来なよと言われて行ったんですって。そしたら、めっちゃ広い大豪邸で、部屋が何個あるかわからない、車が何台あるかわからないという。よく調べてみたら、その子、王族の末裔だったんです。アユタヤ朝の末裔。そんな感じです。

中村:はい、そろそろお時間がきてしまいました。3月25日に堀江さんの新刊『君はどこにでも行ける』が発売されます。こちらもよろしくお願いします!

堀江:表紙が『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさん。ヤマザキさんとの巻末対談もあります。

中村:今夜のゲストは堀江貴文さんでした。ありがとうございました!

堀江:ありがとうございました。

(クラウドファンディングはこちら)
胃がんの原因は99%ピロリ菌だった。 皆で検査をして予防しよう。
https://readyfor.jp/projects/pipipi

友だち追加数

▼関連記事
ホリエモンが予防医療にかける熱い思い。予防医療普及委員会「ピ」の活動とは?
http://goo.gl/ULFHX4