BLOG

【新刊チラ読み】ホリエモン「バブルとは違う意味で、経済成長できるチャンス」

カテゴリー:
メディア出演, 堀江貴文

出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れたホリエモン。急成長し続けるアジア諸国、停滞・成熟する欧米などを巡りながら、この日本という国で僕たちがどう生きればいいのか、ホリエモンは考えた。

新刊『僕はどこにでも行ける』発売に先駆け、少しだけ内容を先行公開!

安くなったのは、悪いことではない

日本は経済発展ばく進中のアジアの中心地にあり、その主要国である中国・韓国・シンガポールなどからとても近い。この「近さ」がどれほど有利なことか。欧米の大企業やビジネスパーソンは、距離的な問題でアジア経済になかなか食いこめないことを、悔しがっている。

日本は地政学的に、伸び盛りのアジアマネーを、うまくすれば総取りできるポジションにいる。〝円〞が安くなったことで、中国など強大なマネーパワーを持つ国と組みやすくなった。

思慮の浅い経済人や政治家の一部は、「夢よもう一度」とでもいうか、成長の目指すべきところを、1980年代後半のバブル時代を基準にしている。

ナンセンスだ。たしかにバブルは必ず、繰り返す。いつか必ず、日本にもバブルは来る。これは資本主義経済の歴史のうえでは自明のことだ。ただそれが10年後か100年後か、もっと先なのかはわからない。

バブルを追いかけても無意味だ。正確に言うなら、1980年代後半の降って湧いたようなバブル景気の再来を期待しても、意味がない。あの頃とは社会情勢もビジネスの潮流も、何もかも違いすぎる。

僕の考えとしては、実はいまこそ、バブルとは違う意味で、経済成長できるチャンスだと思う。
日本が買い叩かれている。結構なことだ。アジアマネーの呼びこみを成功させて、未来型のグローバルビジネスを構築していく絶好のタイミングだ。そういう時期だというのを、ほとんどの日本人は気づいていない。それどころか、現状から目を逸らそうとしている人も多い。

日本は観光立国としてアジアで一番、稼ぎまくれるポジションを取っているのだ。またアジアの中で最も早く近代化がうまくいき、現在は成熟期へ移行しつつある。そのおかげで治安はよく、インフラも整い、文化資本も豊かで、サービス業も発達している。これは本当にすごいことだ。

欧米諸国から集まっている、先進国家を運営するうえで有用な情報とリソースの蓄積は、まだアジアトップだろう。なのに、昔の元気だった頃を懐かしむばかりで、新しいチャレンジを起こそうとしない。

政策全体を見ても、同様だ。
これから世界へうって出よう、アジアと共にグローバルで戦っていこうという、具体的なビジョンが必要なのだが、「日本が安くなった」という現状認識が甘いせいで、有効な策が打ち出せていない。有効な政策を執っていける人材が、いないとは言わないが、いくらなんでも少なすぎる。残念ながら、「あなたこそ!」と思うような人は、僕のように政治とはまったく関わらず、個人で自分の好きなように世界を巡っていたりする。

今後の行政は、世界の潮流をとらえた、地球サイズの立体的な視点で考えていく必要がある。

日本は安くはなったけれど、それはひとつのチャンスであることを十分に理解したい。安くなったということは、別のパワーを得たという言い方もできる。日本の優れた製品や文化、ビジネススキルを、アジアの富裕層が勝手に世界へアピールしてくれるのだ。

 

・・・続きは先行連載中のcakesにてお楽しみください!

日本が安くなったのは、悪いことではない
https://cakes.mu/posts/12416

3/25発売!予約受付中です!

友だち追加数