BLOG

【2月人気記事ランキングTOP10|ホリエモンドットコム】清原氏逮捕、北朝鮮ロケット発射 他

カテゴリー:
ランキング, 堀江貴文

2月にHORIEMON.COMブログで公開した記事中で、閲覧数の多かったものを簡単な要約とともに、10位から1位まで公開。


 《10位》

DSC_2263

東電元会長ら強制起訴にホリエモン「刑事事件化して真相がわかると思ってる脳内お花畑」

東日本大震災における福島第一原子力発電所の事故で、東京電力元会長ら3人が強制起訴される見通しとなったことに対し、自身のライブドア事件の経験も踏まえ、刑事事件化することによる負の側面を指摘。「このような大規模災害による事件は刑事免責して強制調査をするのがベストの選択」だと主張。


《9位》

スクリーンショット 2016-02-21 19.03.20

スマホの凄さとその未来をホリエモンが語る!「UNIX系のOSだからシステムが落ちないでしょ?」/堀江貴文のQ&A vol.592〜スマホの凄いところ!?〜

YouTube番組「ホリエモンチャンネル」のアーカイブ記事。今や多くの人の生活に欠かせない存在のスマートフォンがなぜ主流になったのか、スマホのどこが凄いのかをホリエモンが解説。


《8位》

スクリーンショット 2016-02-15 18.22.31

ホリエモン「SNSに登録できない人は雇う必要なし!」ネットサービスで高齢者を採用する方法/堀江貴文のQ&A vol.583〜SNS活用は重要!?〜

こちらも「ホリエモンチャンネル」のアーカイブ記事。定年をむかえた人と、その豊富な経験を求める企業のマッチングサイト構築に関する質問の流れでホリエモンから「そもそも、ネットやSNSが使えない老人を雇う必要はないんじゃない?」という一見極端な発言が。経験が豊富でも、ネットが満足に使えないと今の時代は厳しい場合が多いのではないかと指摘している。


《7位》

DSC_4348

北朝鮮拉致問題「これじゃ永遠に解決しない」ホリエモンが日本政府の独自制裁を批判

日本政府が事実上の長距離弾道ミサイル発射だとした北朝鮮によるロケット発射試験を受け、北朝鮮が、拉致被害者の特別調査委員会解体を発表。これに対しホリエモンは「結局意地の張り合い」「防衛省と軍需産業の利権獲得のための勇み足」「あほな国民がマスコミに踊らされてる」と政府やマスコミのポジショントークを批判。


《6位》

T4992x3292-01969

北朝鮮ロケット発射にホリエモン「日本が騒ぐ意味はゼロに近い」

7位に引き続き北朝鮮のロケット発射関連記事がランクイン。政府、マスコミの過剰反応やフェアじゃない報道姿勢を批判しつつ「そもそも長距離弾道ミサイルは日本が標的ではない。ノドンで十分なわけでこいつは既に配備されてる。常に危険な状況にある訳で。今回のロケット発射で日本が国として騒ぐ意味はゼロに近い」と指摘。


《5位》

スクリーンショット 2016-02-26 21.07.13

好きなことで生きていくためにはなにが必要?ホリエモンが趣味をマネタイズするための絶対条件を語る/堀江貴文のQ&A vol.571〜本当に好きな事とは!?〜

「ホリエモンチャンネル」アーカイブ記事が5位にもランクイン。ゲストのLiNK-UP株式会社創業者小田吉男氏とともに、「本当の好き」とは何か、趣味のマネタイズ以前に必要な絶対条件を語った。


《4位》

DSC_1283

ホリエモン、週刊文春の56億円“宇宙詐欺”報道による事実誤認について再度説明

週刊文春本誌及びWEB版で「ホリエモンが56億円“宇宙詐欺”にあっていた!」と報道がなされた。この件については、報道以前に週刊文春の記者から突然取材の電話がかかってきた際、ホリエモン自身が事の顛末をすべて事前に公開しブログにしている(週刊文春のクソ記者から突然電話がきた)が、報道による事実誤認を再度説明。


★3位★

-shared-img-thumb-PAK85_syouryounokomugikoto20141103211103_TP_V

清原氏は「このままだと再犯する」ホリエモンが刑務所経験から感じる“覚せい剤の難しさ”

2月、各メディアなどでさかんにとりあげられた、元プロ野球選手清原和博氏が覚せい剤所持の疑いで逮捕された件について、ホリエモンもTBS『サンデー・ジャポン』出演時にコメント。今後も誰か支えてあげる人がいないと覚せい剤をやめることは無理なのではと指摘。


★2位★

DSC_5679

ホリエモンが清原氏逮捕から考える、麻薬と社会の向き合い方「依存性高い割に犯人の悪質性低い」

3位に続き2位も清原氏逮捕に関する記事。刑務所で覚せい剤で逮捕された受刑者を見てきた経験も踏まえ、「麻薬犯は常習性高い割に犯人たちの悪質度は低い」とコメント。そのため刑務所に入れる意味はないとし、治療などのよりクレバーな社会的対策の必要性を訴えた。


★1位★

DSC_9605

週刊文春のクソ記者から突然電話がきた

2月の閲覧数圧倒的な第一位はホリエモン本人によるこちらのブログ記事。週刊文春本誌及びWEB版に掲載された「ホリエモンが56億円“宇宙詐欺”にあっていた!」の事前取材で突然かかってきた記者からの電話と、事の全容を記事掲載前にブログで先に公開。「ほんとこいつらの頑張っている人の足を引っ張ったり、茶化したりする最低の下劣さには辟易する」と痛烈に批判した。


2月は清原氏の逮捕や北朝鮮のロケット発射などが世間の注目を集めるとともに、弊サイトでも関連記事がたくさん読まれる結果となった。

友だち追加数

▼関連記事
【1月人気記事ランキングTOP10|ホリエモンドットコム】SMAP解散騒動、ベッキー不倫疑惑 他
http://goo.gl/speOgT

【12月人気記事ランキングTOP10|ホリエモンドットコム】小遣い制はマゾ、年賀状不要論、有名税問題 他
http://goo.gl/LINAKq