BLOG

ホリエモンが語る、電子タバコを積極導入すべき理由

カテゴリー:
テクノロジー, 堀江貴文, 頭の体操

ホリエモンが電子タバコの賛否についてNewsPicksで以下のようにコメント。

“まあ現実的には電子タバコを積極導入すべきと思います。副流煙の問題は解決できるし、タバコのタールによる肺がんの罹患率も下げられる。タバコの全面禁止は地下化してヤクザの財源になるだけだから意味ないし。もちろんニコチンなしのフレーバーだけ吸ってるやつは禁止する必要はないだろうが。区別はつきにくいよね。で、日本の規制はタバコの葉由来のニコチン以外は薬事法の対象になるので普及が阻まれている。

あと、今よりもっと手軽に吸える電子タバコがこれからどんどんリリースされ、今より確実に手軽になる。健康への害が今より格段に少なくなり他人に迷惑もかけず、火災の原因にもならないとして規制する理由はないと思うけど、タバコを憎む勢力は放射脳の如く反対運動を感情的に発動すると予想される。因みに私はいわゆる紙巻きたばこは吸いませんがたまに水タバコや葉巻をたしなみます。”

スクリーンショット 2016-01-12 16.24.46

近頃、吸っている人をしばしば見かけるようになった電子たばこ。従来の紙巻たばこに比べ、有害物質が大幅に削減され、火を使わないため危険性も少なく、匂いによる周囲への迷惑も少ない。そんな電子たばこを規制すべきか否か、各自治体などで検討が行われているという。(参照:<新型たばこ>路上は規制?容認?議論の火種/河北新報

有害物質を大幅に削減した電子タバコ

MAX77_tabakosuu20141025162807

今回のホリエモンのコメントにおける論点は主に2つ。一つはたばこに含まれる有害物質の問題。もう一つは、反たばこ勢力の感情的な反対運動だ。

まず、有害物質について。たばこに含まれる有害物質として有名なのはタールとニコチンだ。タールは発がん性物質であり、摂取し続ければがんのリスクが高まる。ホリエモンも「タールによる肺がんの罹患率も下げられる」とコメントしているが、例えば昨年発売されたフィリップモリス社の「iQOS」は、タールの有害物質を従来の葉巻たばこに比べて9割以上、大幅に削減されている。(参照:有害物質9割減!?
フィリップモリス次世代タバコの勝算/ダイヤモンド

一方ニコチンには発がん性はないものの、依存性があり、たばこをやめられない原因とされている他、神経系に有害で動脈硬化などのリスクを高めると言われている。だがホリエモンが言及している通り、日本では薬事法でタバコの葉由来のニコチン意外は普及が規制されているため、電子タバコには含まれていない。

感情的な電子タバコ反対運動

ct13

有害物質の問題と、もう一つホリエモンが主張しているのは、反たばこ勢力の感情的な電子タバコ反対運動への懸念だ。これまでもしばしばホリエモンは、合理性を欠いた感情的な運動の危険性を説いているが、たばこに関しても同じ懸念をいだいているようだ。

電子タバコは火を使わないため、水蒸気しか出さない。喫煙者の健康に及ぼす影響や、周囲への迷惑となる要素が従来の紙巻たばこより大幅に減っているにも関わらず、電子タバコへの規制を強めようという声も多い。

たばこ税の増税が決まるなど、年々喫煙者をとりまく環境は厳しくなっている。全面的にたばこを禁止すれば、ヤクザの財源になりかねないとホリエモンは主張しているが、全面的でなくても規制が行き過ぎれば地下化していく可能性は十分ある。様々な要因をかんがみても、従来のたばこの問題点を解決し、今後の進歩も望める電子タバコの普及を積極的に進めるべきというのが、ホリエモンの今回の主張のようだ。

友だち追加数

▼関連記事
ホリエモン、喫煙を推奨する内閣参与に「老害以外の何者でもない」
http://goo.gl/pN76dF