BLOG

公演間近!ホリエモン主催舞台『人狼TLPT』福岡公演の魅力とは

カテゴリー:
スタッフおすすめ, スポーツ・娯楽, その他, ニコ生, メディア出演, 堀江貴文

いよいよ間近に迫った舞台『人狼TLPT』福岡公演。12/22開催のHKT48メンバー出演のスペシャルステージは前売り券発売開始数分で完売し、通常公演も土日のチケットは完売に近い状態となっている。平日の公演は一部関係者席を解放するなどして、まだ若干の空席があるようなので、お近くの方は是非劇場に足を運んで『人狼TLPT』を体感していただきたい。

今回は『人狼TLPT』ってなに?という方のために、その魅力をご紹介。

人狼TLPT福岡公演
http://jinroutlptfukuoka.com/

村に紛れ込んだ3匹の人狼。悲しい心理戦が始まった。

jinrou3306

とある小さな村に3匹の人狼が紛れ込んだ。人狼は村人に成りすまし殺戮を繰り返す。容姿だけでなく記憶や仕草までも生き写しの人狼、村人は誰が人狼なのか知ることはできない。疑心暗鬼にかられ怒り、怯え、泣き叫ぶ村人たち。人狼を滅ぼす方法はただひとつ。人狼を滅ぼすまで疑わしいものを「処刑」すること。かくして、悲壮な心理戦が幕を開けた。はたして生き残るのは人間か、人狼か。

舞台『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』(人狼TLPT)はステージ上の13名が言葉を尽くし千変万化の物語をアドリブで紡ぐ今までにないライブ・エンターテインメント。出演者がルールで使用するのは人気パーティーゲーム『人狼』。オープニング以外脚本は用意されておらず、開演直前にランダムに割当てられた役割に従い即興で心理戦を繰り広げる。

人気の人狼ゲームを舞台化。真剣勝負の"命"のやりとり。

大人気パーティーゲーム『人狼ゲーム』を舞台化。娯楽ゲームとしてその中で扱うライトな「命」。舞台『人狼TLPT』では、その「命」をよりリアルに重みのあるものとして出演者が表現し、舞台上で生死をかけた真剣勝負を見ることができる。大切ないものを守ろうとする気持ち。そこゲームにはないドラマが生まれる。簡単には死ねない。

オープニング以外、脚本は一切なし。完全アドリブのライブエンターテインメント

筋書きのないドラマがそこにある。『人狼TLPT』の最大の魅力は脚本が存在せず全てが出演者のアドリブで作り上げられる舞台であるということ。スペシャルステージを含め全12ステージとなる今回の福岡公演もその全てが全く違った物語が繰り広げられる。始まりから終わりまで演者自身も予想できないスリリングな展開に目が離せない。

お客さんも一緒に推理。参加型エンターテインメント

人狼TLPTは参加型の舞台。開演前にひとりずつ解答用紙が配布され、観客もキャストのひとりとなったつもりになって推理を楽しむことができる。最後にキャストが観客席に降りて解答用紙の回収するなど「参加型」であることを重視し、それにマッチした劇場での公演となっている。出演者の細かな表情や仕草を見ることで自然とどんどん感情移入していくこの臨場感、一体感を是非感じていただきたい。あなたは人狼の嘘を見抜くことができるか!?

ホリエモンも絶賛。毎回違ったエンディングだから毎日でも楽しめる

今回の福岡公演を主催するホリエモンも人狼TLPTの魅力に取り憑かれた多くのファンの中のひとりだ。自身も昔から舞台の観劇を楽しみ、出演経験もあるホリエモン。インタラクティブであることが当たり前となった今の時代。その中で感じた演劇界の保守性。新しい演劇の形、新しいエンターテインメントとしての人狼TLPTに大きな可能性を見出す。12/21には前回ニコ生で大好評だった「飲み人狼」も開催され、12/22のスペシャルステージにはゲストとしてホリエモン自身も出演する。

人狼TLPT福岡公演
http://jinroutlptfukuoka.com/

チケット購入
http://goo.gl/8NM0Vu

▼関連記事
【ニコ生】白熱!ホリエモンの『飲み人狼大会』
http://goo.gl/jNgKI6