BLOG

ホリエモン、ガンバ大阪の新しいホームスタジアムを視察「これが埋まってるところみたい!」

カテゴリー:
スポーツ・娯楽, 堀江貴文

24日、関西滞在中のホリエモンが、ガンバ大阪の新しいホームスタジアムを視察した。4万人収容のサッカー専用スタジアムで、スタジアム内はWi-fiフリーなど随所に最新テクノロジーが導入されている。欧州に引けをとらないクオリティの高さが以前より話題となっていた。

「最先端を行く」スタジアム、クラブの強かな戦略

視察前には、ガンバ大阪の新しいホームスタジアムを「最先端を行く」と評価していたホリエモン。

ポイントは「寄付方式」にあるといい、クラブが採った強かな戦略とNewsPicks上でも分析を展開していた。

寄付方式を採ったのはクラブの強かな戦略です。スタジアムは市の持ち物となるので膨大な固定資産税を払う必要がない。しかも長期の指定管理者になれるのでスタジアムとの一体経営が可能となります。しかも個人や中小法人からも寄付を募ることによりおらがチームという一体感も持たせられる。ガンバが増資してスタジアムを建てるのとほぼ同じ効果が出ます。しかも万博公園をリニューアルした大規模SCが隣接します。このサッカー専用スタジアムの事例が成功すれば日本中日本中この方式で専用スタジアムが作られることになるでしょう

スクリーンショット 2015-11-24 19.33.58

クラブの戦略が功を奏し、素晴らしいスタジアムに

552

観客席の最前列からピッチまでの高低差は150cmしかなく、距離もタッチラインまで7mほどだという。その臨場感を肌で感じたホリエモンは、自身のFacebook上で「これが埋まってるところみたい!」と満員の客席を想像し興奮冷めやらぬ様子でコメントしていた。観客席最上段はホリエモンも「高所恐怖症の人には怖いかもしれない」というほど。その傾斜はなんと35度!

553

これはマンホールの蓋??こういった細かいところのデザインが観客の心をくすぐる。最新技術の導入や利便性だけでなく、その空間に足を踏み入れた人すべてが楽しめる演出、意匠がエンターテイメントとしてのプロサッカーを生み出す。

S__6479957

今回、  HORIEMON .comとは別で、宮本恒靖さんとの対談企画でスタジアムを訪れたホリエモン。どんな対談になったのだろうか?こちらも非常に楽しみだ。

▼関連記事

ホリエモン「Jリーグをイチバンリーグに 」 サッカーファンからは大不評?
http://goo.gl/5YKolz

ホリエモン アジアサッカーの未来を予測「アジアCLがヨーロッパを超え、タイの大富豪がビッグクラブを作り優勝争いをする」
http://goo.gl/9T09sX