BLOG

ホリエモン「飛行機は完全自動化してCA不要に」ルフトハンザのストライキ直撃で強烈dis

カテゴリー:
その他, 堀江貴文, 社会, 頭の体操

11月6日〜13日まで続いた、独ルフトハンザ航空の客室乗務員によるストライキ。その最中、ホリエモンはイタリア旅行で、ストの影響が直撃した。予定していた乗り換え便に乗れず、経由地のフランクフルトで足止めをくらい以下のコメントをNewsPicksおよびTwitterに投稿。

“このせいでせっかくのイタリア旅行が台無しですわ。。いまフランクフルトで足止め中。ラストミニットの代替チケットも殺到してて取れず、メインの予定に1時間遅れという。。。もうさ、マジで飛行機も完全自動化してCAとか要らないようにしてほしいわ。決して安くない額を払って旅行に来てる人達の事とかこれっぽっちも頭にないんだろうからね。。”

スクリーンショット 2015-11-19 19.23.25

旅行の予定が狂い、当然不満な様子で、ストライキのような人為的行為による運転への支障がないよう、飛行機も完全自動化、CAも要らないようにしてほしいと主張。ストライキを実施した人たちに対しても、旅行者の気持ちをこれっぽっちも考えていないとして強烈に批判している。

権利ばかり主張する従業員のせいで、客が損をする

この件に関しては、帰国後のメルマガでも事の顛末と不満を吐露していた。

「ストライキとかして客が大枚と貴重な時間を費やして楽しみにしてる旅行を台無しにしてるって意識がゼロだよな、こいつら人間のクズだなってマジで思いましたね。(略)

全部ルフトハンザのストライキしてる糞CAのせいです。「なにが労働者の権利だよ、ボケ」ってなりますよね。正規雇用とかで結構給料もらってるくせに。(略)

昔からやってる会社で働く権利ばかり主張する従業員のせいで客が損をしています。シェアエコノミーが普及して、こういう最低の奴らが滅びることを切に祈ります。」

(「堀江貴文のブログでは言えない話 Vol.304」より。該当部分は試し読み範囲のため、リンクより全文閲覧可能。)

交通機関が乱れると、多くの人の予定に影響が出てしまう。自然災害など防ぎようがないものも当然あるが、自動化やロボット化、シェアリングエコノミーによって、ストライキといった人為的なものは防げるため、一刻も早くそのような仕組みができてほしいという主張のようだ。なお、シェアリングエコノミーに関しては、下記の記事にも詳しいため興味がある方は、ぜひ参照されたい。

▼関連記事

ホリエモン「保育士の給料は高くならない」シェアリングエコノミー化を予測
http://goo.gl/kUMu3U

ホリエモン「ただゴネて嫌がらせしたいだけ」 “解雇の金銭解決”抵抗の労組に苦言
http://goo.gl/SqItRd