BLOG

ホリエモンが宇宙産業に見る「日本の地理的アドバンテージ」と「数十兆円の産業創出」

カテゴリー:
堀江貴文, 宇宙・科学関連, 政治・経済

・日本が、数少ない地理的アドバンテージを活かせるのが宇宙産業

・全球インターネットや小惑星資源獲得などで、数十兆円の産業創出可能性

・国の事業検証で、国際宇宙ステーション事業見直しを求める河野太郎氏に苦言


これまでに9000億円が投じられている国際宇宙ステーション事業に見直しを求める指摘が、国の事業検証で相次いだというニュース(国際宇宙ステーション「将来的な戦略を」/NHK NEWS WEB)。これに対してホリエモンはNewsPicksに長文コメントを投稿し、日本が宇宙産業に取り組む重要性を力説した。

“日本という地域で見れば数少ない地理的アドバンテージが活かせるのが宇宙産業である。ロケットはISSなどが飛ぶ地球低軌道や静止軌道は東南海上へ。偵察衛星や地球観測衛星が飛ぶ軌道は南へ打ち上げる。ともに太平洋しかなく打ち上げの支障が少ない。この点でロシアや中国は苦労しているのである。ヨーロッパ各国もフランス領ギニアから打ち上げている。打ち上げの適地に加え各産業の集積が必要な宇宙産業が成立する国は少ない。コンパクトにまとまってる日本はアドバンテージがある。

全球インターネットや精密気象予測、全球監視システムに加え宇宙観光から小惑星資源獲得など数十兆円クラスの産業創出に寄与する可能性があり日本がリーダーシップをとれる数少ない産業。ISSへの輸送システムであればアメリカはCOTS計画で数十億ドルを民間企業に提供し産業創出を行ってる。日本の兼業農家への補助金とか田舎の必要ない維持もできないインフラ投資のほんの一部で未来の産業創出ができる。マジで河野太郎失望したぜ。てめえは反原発でもやって一生自民党の傍流で生きてろって思う。”

スクリーンショット 2015-11-16 15.20.24

ISSや偵察衛星、地球観測衛星を飛ばすロケットは、太平洋が打ち上げに適しており、日本という地域でみても数少ない地理的アドバンテージを活かせるのが宇宙産業。全球インターネットや、宇宙観光、小惑星資源獲得など、数十兆円クラスの産業創出に寄与する可能性があり日本がリーダーシップをとれる数少ない分野だという。国際宇宙ステーション事業見直しを求める指摘に対し、必要性を強く主張した。

ct552

国の宇宙事業が成すこと、民間の宇宙事業が成すこと

ご存知の方も少なくないだろうが、ホリエモンはライブドア時代から今に至るまで宇宙事業に邁進してきた。刑務所に収監されていた際も事業中断など微塵も考えず、書簡や面接を通してスタッフと連携をとりロケット開発などを推し進めてきたのだ。

7c986cba4378d9c83d3bb0c5fe11e7bd

今回のコメントで、国が資金を投入して進める宇宙事業の必要性を主張したホリエモン。その一方で、過去にたびたび国の予算で行う宇宙事業の弱点や、自身も手がける民間の宇宙開発が必要とされる理由をTwitterなどでコメントしている。

政府の予算を使ってやる以上、宇宙でしか出来ない事、宇宙でやるべき事とそうでないことの選別をしなければなりません。それがいまの日本では出来てないと思う。アメリカでは最先端技術ではない地球低軌道への打上は民間に任せる方針です。
Twitter−2011年1月11日

“選択と集中が日本の宇宙開発にも必要だ。民間に任せる所は民間に任せるべきだ。”
Twitter−2012年7月10日

“政府が宇宙基本計画を決定。有人宇宙計画は「競争力強化に繋がる成果が明らかではない」と予算を減らすらしい。夢のないバカな話だ。人間の活力の源は夢でしょ。くれぐれも民間の邪魔だけはしないで欲しいものだ。”
Twitter−2013年2月14日

宇宙事業には、ロケットエンジンの開発など、事故はつきもので困難を極めるが、それでも事業を前に進めてきた歴史がある。昔は国がその担い手であったが、国の予算や計画だけでは限界があると同時に、宇宙事業を国単位で考えない方がいいとし、民間による宇宙開発がこれからのブレイクスルーと、それによる産業創出には不可欠であると考えているようだ。

また、ホリエモンと、ホリエモンが手がける宇宙事業を担うインターステラテクノロジズ株式会社は、国会議員や行政関係者に対し開発・打ち上げ現場案内、事業プレゼン・営業なども定期的に行っている。国と民間双方の強みを活かし、共に人類の夢や、新たな事業の創出に向かって進んでいくことはできるのだろうか。少なくともホリエモンはどちらの力も必要だと考えているようだが、まずは自分たちでできることに全力を注いでいるようだ。

3e3d75e70684e4ae24bd3db6a7b4e00c

▼関連記事

「宇宙の始まり」「人間はなぜ存在するのか」を研究 「Kavli IPMU」機構長・村山斉が語る 宇宙研究の最先端とは?前編1/2/HORIEMON.COM「WITH」
http://goo.gl/TKHfFx

「将来的には人工冬眠で宇宙旅行も可能に」 理研・辻孝が語る「再生医療」の最先端!前編1/2/HORIEMON.COM「WITH」
http://goo.gl/8eJdln

ホリエモンWITH 「ハイパーカミオカンデが完成すれば、宇宙のメカニズムが解明できるかもしれない」 梶田隆章が語る宇宙研究の現在と未来とは?前編 1/2/HORIEMON.COM「WITH」
http://goo.gl/TYBWsp