BLOG

ホリエモン「必読。本を愛する人なる存在の胡散臭さが浮かび上がる」TSUTAYA図書館関連記事を賞賛

カテゴリー:
その他, 堀江貴文, 漫画・書評, 生活関連, 頭の体操

ホリエモンが、「本を愛する人」からTSUTAYA図書館が嫌われる理由 (ITmedia ビジネスオンライン)という記事に対してTwitter及びNewsPicksで以下のように発言。

「めっちゃいい記事」と賞賛。さらに、「本を愛する人なる存在の胡散臭さが浮かび上がる」と、愛知県小牧市で住民投票の反対多数により建設計画撤回など、TSUTAYA図書館に逆風が吹いている現状を公正な視点から俯瞰しているとコメントした。

今後の図書館の在り方を含めた議論が必要

『「本を愛する人」からTSUTAYA図書館が嫌われる理由』(ITmedia ビジネスオンライン)

この執筆者の「図書館の在り方を見直すべき」という意見は、ホリエモンも過去に同意の発言をしている。先日の小牧市で住民投票が反対多数となった際もNewsPicksに長文コメント、「今後の図書館の在り方も含めた議論をすべき」とし、“データレンタルサービス”や“新刊図書無料貸し出しの是非”にも疑問を投げかけていた。

そもそも今後の図書館の在り方も含めた議論をしないといけない。私の最新の著書なんかも図書館で何十人も借り待ちをしていたりする。それってほとんど著者に印税入ってこない。最新の書籍を販売でなく無料貸出する必要は本当にあるのか?殆ど借りられない様な蔵書(これはTSUTAYAの在庫整理も同様だろうが)を物理的に置く必要はあるのか?デジタル化すれば実は十分で国立国会図書館のデジタルデータをレンタルする方式などを、検討してもいいかもしれない。従前の図書館の分類方式で借りてる人が一体どれ位いるのか?タブレット端末などでの検索で良いのでは?武雄市図書館を見学した私としてはお洒落な空間で積極的に利用したい気分になったが、保守的な人はそういうのは嫌だったりするのだろう。”

スクリーンショット 2015-11-10 16.42.36

ホリエモンの考える図書館問題について以下の記事にも詳しくまとめてあるので、合わせて参照されたい。

データレンタル、新刊図書無料貸出、ツタヤ書店…ホリエモンが考えるこれからの図書館の在り方