BLOG

医療費40兆円突破 ホリエモンによる予防医療推進のための任意団体構想

カテゴリー:
その他, テクノロジー, 堀江貴文, 生活関連

2014年度の医療費が40兆円を超えるという厚生労働省の発表に対し、ホリエモンはNewsPicksで以下のようにコメントした。

予防医療に力を入れるべきです。私は知人の医師たちと予防医療を推進する任意団体を作り推進していく予定です。まずは防げる病気を防ぐこと。ピロリ菌検査で胃がんは防げるし、肝臓癌は例えばC型肝炎は根治できるようになった。子宮頸がんワクチンもある。歯周病はブラッシングだけでは防げない。歯科医に最低年2回はいって歯石除去してもらう、人間ドックで内視鏡検査やCT/MRI/エコーなどの画像診断をするなどなど。生命保険に大金はらうくらいなら予防に金かけよう。また、病気の診断は問診だけでも自動化すると9割は判断できるし、血液検査や遠隔画像診断をいれると99%わかるらしい。残りの1%に医師は集中すべき。

スクリーンショット 2015-10-09 22.29.16

高齢化の進行と治療の高度化で、医療費の増加に歯止めがかかっていない現状に、ホリエモンは予防医療を推進するべきだと主張。予防医療の重要性と進歩について、頻繁にTwitterなどでコメントしているホリエモンらしい意見といえるだろう。

生命保険に大金をかけるなら、予防にお金をかけるべき

引用先記事(医療費40兆円へ=14年度、歯止めかからず-厚労省/時事ドットコム)によると、日本の医療費は前年度比約7000億円増で12年連続で過去最高を更新。40兆円を突破するのは確実とみられると厚生労働省の発表からわかった。その要因は進む高齢化と、治療方向の高度化とされ、一向に医療費の増加に歯止めがかかっていない。

そのような現状に対し、ホリエモンは「予防医療に力を入れるべき」と対応策を主張した。今回コメント内で言及された予防医療の具体例は以下

・胃がん   → 「ピロリ菌検査」をし、 陽性であれば除菌することで、ほぼ胃がんを防ぐことができる。

・肝臓がん  → 肝臓がんの9割を占める肝細胞がんは、7割が「C型肝炎」が原因。そのC型肝炎は近年発表された新薬によって根治できるようになった。

・子宮頸がん → ワクチン接種と定期検診によるごく早期の発見で、負担の少ない治療で防ぐことができる。

・歯周病   → 歯磨きではどうにもならない部分があり、歯医者での定期的な歯石除去が大切。また、歯周病以外の歯の病気予防にも定期検診が必須。

がんで亡くなる人の中で2番目に多いのが胃がん。また、歯周病は日本人の8割がなり、国民病ともいわれている。どれも日本人にとって他人事とは言えない病気なのだ。

今回のコメントでは「知人の医師たちと予防医療を推進する任意団体を作り推進していく予定」という構想も飛び出した。今後予防医療の分野で、ホリエモンは積極的な動きをしていくようだ。近年大きく変わったがんの常識や、ピロリ菌除去による胃がん予防について詳しく書いた以下の記事も参照されたい。

▼参考記事
相次ぐ訃報、ホリエモンがとなえる予防医療の重要性
http://goo.gl/ZQ4yMO