BLOG

ホリエモンが嫌悪感を示す金持ち流時間の使い方

カテゴリー:
その他, 堀江貴文, 生活関連

お金持ちの時間の使い方がまとめられた記事(時間つぶしにスマホを使わない“お金持ち” 「ネット情報を見る時間はムダ」 /Sankei Biz)に対してホリエモンがTwitter及びNewsPicksで以下のようにコメント

“うわ〜気持ち悪い。そもそも車自分で運転してる時間音聞くくらいしか出来ないから勿体無いし、事故のリスクもあるだろう。はっきりいってスマホで自分で情報収集した方がよっぽど効率良いし。同じ店ばっかり行ってたら世界が広がらないだろうよ。”

<要するに>
引用先記事では、「運転しながらオーディオテープ」「むやみにスマホチェックはしない」「会食は会員制レストラン」といった内容がお金持ちの時間の使い方だとしてまとめられている。それに対して、ホリエモンが「気持ち悪い」と明確な嫌悪感をあらわにし、反論意見をコメントにまとめ投稿した。

ホリエモンが主張する有益な時間の使い方、世界を広げていく重要性

引用記事内でまとめられているお金持ちの時間の使い方のうち、今回ホリエモンが反論した具体的な内容とコメントは以下。

①「携帯・メールチェックは頻繁にしない」
常に携帯やメールをチェックする信頼できる幹部を育てているので、アポイントはもちろん、ゴルフなどビジネスに関係ない時間や昼休みでも、自分はむやみにスマホはチェックせず、細々したことに煩わされない。(引用記事参照)

“はっきりいってスマホで自分で情報収集した方がよっぽど効率良い”

②「運転時間はオーティオテープを聞く」
車移動がほとんであり、運転手付きの経営者もいるが、通勤やゴルフの際自分で運転をする経営者も。運転中にオーディオテープを聞く人たちが多い。内容は、経営者向け雑誌の付録CDやコンサルタントの講演など。(引用記事参照)

“そもそも車自分で運転してる時間音聞くくらいしか出来ないから勿体無いし、事故のリスクもあるだろう。”

③「会食には会員制レストランを利用」
昼夜の会食では、サービスが行き届き、スタッフとも顔見知りで気張らない会員制レストランを利用。細かいことに気がつきやすいので、どんな扱いを受けるかわからない店には行かない(引用記事参照)

同じ店ばっかり行ってたら世界が広がらないだろうよ。”

時間の使い方に関しては、移動時間やちょっとした隙間時間も常にスマホで情報収集をしている、と常々言っているホリエモンならではの反論。ホリエモンは食事に対しても一際こだわりがあるが、会員制レストランなどのこだわりはなく、純粋においしいものに興味があるようで、手がけているグルメキュレーションアプリ「テリヤキ」でも値段やシステムに限らず様々なお店を紹介している。いずれも有益な時間の使い方、世界を広げていく重要性といった、ホリエモンが生活の上で大切にしている観点からの反論となっていると言えるだろう。

 

▼関連記事
堀江貴文×HIKAKINの逆転仕事対談 「スキマ時間」を制する最強コンテンツとは?
http://goo.gl/9cYnjD