BLOG

私のおすすめガジェット『Parrot Bebop Drone & Sky Controller』

カテゴリー:
おすすめガジェット, その他, 堀江貴文

Amazonが配送に利用する構想を発表したり、空撮をしようとした少年が逮捕されるなどと、最近なにかと世間を騒がせているドローン。一般的にはラジコン的な楽しみ方をしたり、空撮などに使用する人が多く、性能の良いものであればかなりレベルの高い空撮映像なども撮ることができる。

http://www.parrot.com/jp/

このドローンは一味違うぞ

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (レッド)

堀江貴文サロンの合宿でメンバーが使用していた『Parrot Bebop Drone』も高性能ドローンだった。こいつは三社祭でドローンを飛ばそうとして捕まった少年も使っていたらしいのだが、ネット上にある彼の放送内容を見てもわかるとおりその性能は素晴らしく、1〜2万円程度で売られているドローンとは一味違う。これはセンサー類が優れているのだと思うのだが、初心者であっても、とても安定した飛行ができるのだ。

操作は基本的にスマホかタブレット端末経由で行う。初期設定も超簡単でアプリをダウンロードしWi-Fiで接続するだけ。もちろん細かい設定も行えるが、そんな事をしなくても飛行と空撮はできてしまう。

iPhoneだけでも十分な超簡単な操作性

肝心の空撮だが、画質に関しては申し分なし。端末上に内蔵型カメラからの映像を映し出せるので、自分が思うままに撮影ができてしまう。また重さ400gと軽量化され、落下や衝撃による故障を軽減できるバンパーも装着可能。操作性を上げるために、タブレットにドッキングさせる専用コントローラーもあるが、そんなものを使わなくてもスマホやタブレットで十分操作できる。まあ、操作性は専用コントローラーの方が良いらしいが、ペアリングなどの手間を考えると、アプリで操作するのが吉。遊びレベルで使うのであれば十分だし、実際に私もiPhoneだけで操作をしていたし。最大半径2kmの距離まで操作ができるとのことなので、かなり上空まで飛ばすことができるのもいい感じ。

価格は本体のみで6万数千円、専用コントローラーもセットにすると約14万円と安くはないが、他社の同性能モデルと比べると特別高いわけでもなく、初めて買うのであれば『Parrot Bebop Drone』を買った方がいいだろう。ただし、飛行時間が約10分間とバッテリーの持ちがよろしくないのが玉に瑕。もちろんバッテリーが切れれば落下してしまうことになるので注意。慣れるまでは、周りに迷惑にならぬよう、安全かつドローンを飛ばしても大丈夫な場所で使用してもらいたい。

DSC_8002