BLOG

【東京ゲームショウ】「相当売れると思う」ホリエモン、ソニーのVRに期待

カテゴリー:
おすすめガジェット, その他, テクノロジー, 堀江貴文

ホリエモンが、最近のソニーのVR(仮想現実)関連事業に関するニュースを受け、Twitter及びNewsPicsで好意的なコメントを投稿している。

<要するに>
ソニーが、VRゲームを楽しむゴーグル型端末「プレイステーション VR」を2016年上期に発売予定であると発表した。ホリエモンもVRにはかねてより注目しており、プロトタイプの出来などから、ソニー再生の一つの切り札になるのではないかと期待し、好意的なコメントを立て続けに投稿している。

VRでゲームはどう変わるのか、VR普及のために必要なものは

VRによってゲーム体験は、これまで想像できなかった世界観への没入、迫力満点の臨場感などが可能になると予想されている。引用されている記事によると、現在開催中の東京ゲームショーで、ソニーがゴーグル型端末「プレイステーション VR」を2016年上期に発売すると発表。その出来に、ホリエモンも期待感を示している。遊ぶための端末は全世界で売り上げが好調なプレイステーション4で楽しむが、付属品ではなく、あくまでも新しいプラットフォームとのこと。ゲームはハードだけでなく、遊ぶためのソフトがどれだけ揃うかも非常に重要であるが、「ファイナルファンタジー」などのビックタイトル含め10タイトル以上をスタートから用意しているとされ、ホリエモンも「相当売れると思う」とコメント。

では、まだまだ私たちの生活に馴染みがあるとは言えないVRが普及するためには何が必要なのか。ホリエモンはTwitterで以下のように言及している。

画質や、操作性、装着性など、さまざまな要因があるが、あくまでもVRでしかできないことや必要とされる大きな市場が必要だというのがホリエモンの見解だ。

ゲームだけじゃない!多分野に広がるVR技術活用の期待

VR技術で革新が起こるのはなにもゲームに限ったことではない。映画や動画配信、教育、イベントといった分野でも活用が期待されており、ホリエモンも定期的にTwitterなどでニュースをキュレーション、コメントを投稿している。

以前から注目されていたVRだが、上記にもあるように、今年に入ってその動きは活発化している。VRは私たちのライフスタイルやビジネスをどう変えるのか、引き続き注目の領域であることには間違いない。

▼関連記事 水面下で準備が進むグーグルの「仮想現実」
http://goo.gl/YSEOPg