BLOG

SEALDsをdisる俺をdisるツイートの呆れるばかりの低脳ぶりについて

カテゴリー:
その他, 堀江貴文, 政治・経済, 頭の体操

昨日の記事は非常に反響が大きかった。ツイッターなどで反論もそれなりに来たが、「うるさい前科者」的などうしようもない煽りは論外として、私が金儲けのことしか考えてない的なツイートが多かったのが印象的、というか今回の安保反対派デモの本質を表してるんだなあとしみじみ感じたのであった。

完全にこれは私の事をマスコミがミスリードして作り上げたイメージであることは私の著書「ゼロ」や、過去のブログを見れば明らかだろう。お金は単なるツールであり、私は自分が理想とする生き方を実践してるに過ぎない。理想の社会を作りたいだけなのだ。なのにロクに調べもせず、「拝金主義」などというレッテルをはる。これは太平洋戦争中に「非国民」なるレッテルをはってある特定の人をロクに調べもせず集団で虐めていた事実に符合する。

安保反対派の多くにこのような人達が多いということ。つまり事実誤認に基づくセンセーショナルな言説に飛びつき間違った行動をしてしまうのである。わたしは散々そういうことをやられてきたので切実にそう思う。

今朝も、安保反対派の某教授が防衛産業に関わる三菱重工業グループを糾弾するために三菱鉛筆を買うな的な発言をしてると聞いて驚いた。三菱鉛筆が重工とまったく別のグループということすら知らないミスリードがまかり通る世の中なのだ。わたしは少しでもロジックがエモーショナルな言説に負けないように努力したいと思う。

▼関連記事

私がSEALDsをdisる理由
http://goo.gl/6P4Wh8

【安保法案】ホリエモン、SEALDsに対し 「暇人」 「恥の上塗り」
http://goo.gl/mlVj0L

ホリエモン「茂木さんも国会前で歌う行動力あったら選挙出れば良いんだよね」SEALDsデモ参加にコメント
http://goo.gl/S7DZwR