BLOG

Jリーグの次はバスケ? ホリエモンがバスケ新リーグ記者会見に登場

カテゴリー:
スポーツ・娯楽, その他, 堀江貴文

日本バスケットボール協会は15日、都内ホテルにて男子バスケットの新リーグの名称とロゴを発表。(新リーグの名前は「B.LEAGUE(ビーリーグ)」)ホリエモンはスペシャルゲストとして、川淵三郎会長、日本代表の田臥勇太選手(リンク栃木ブレックス)と登場した。発表されたロゴに関しては「とても良いと思います」と称えつつ、「パクリじゃないですか?大丈夫ですか?」と五輪エンブレム問題に絡めてツッコミを入れ会場を沸かせた。

S__4931677

 

新リーグ成功のために。ホリエモンの「公約」

新リーグ成功のため自身でどのような活動をしていきたいか?と「公約」を求められるとホリエモンは「100万人の集客に貢献。IT企業の誘致」「もっと観客がワクワクドキドキするような仕組みを作らないといけない」と今後の課題を述べた。例えば試合状況の分かりやすさなど、IT技術を駆使した観戦の利便性の追求を訴えた。またサッカーや野球のプロリーグでは既にIT企業がチームのメインスポンサーに入ってる現状にも触れ、バスケでも同様な展開が必要だとホリエモン。ITの分野から、リーグの盛り上げに貢献したいと語った。

▼ 日本代表の田臥勇太選手(リンク栃木)と。

▼ 終了後、TBS「サンデー・ジャポン」から突撃取材。「東京オリンピックのロゴを今考えて書いてください」などムチャぶりにタジタジ・・・。

<関連>
Jリーグが堀江貴文氏らとアドバイザー契約締結へ
http://horiemon.com/
news/2015/07/21/35541/